« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

グレーフルーツの花

グレープフルーツの花の時期が終わった。
今年は大丈夫?というくらい多くの花をつけた。

木は植えられているすぐ隣がこの地区の共有地で細長い土地の下は下水溝に
なっていて、毎年草で覆われる。 我が家の敷地に沿っているところだし、グレープ
フルーツもはみだしていることから長年草刈は自分一人でやっていた。 それが
昨年はあまりにつた(葛)がはびこって処理しきれなくなった。 共有者の一人でも
あるお隣のアドバイスで結局退治するために除草剤を使用することになった。
今年はお蔭でつたは成敗出来たらしく生えていなかった。
たぶんそのせいで昨年グレープフルーツの中央部分が葉も実もうすい黄色がかった
色になり、もしかすると枯れてしまうかもしれない、と案じた。
今年春になり、芽吹き始めるとやはりその部分だけ極端に小さな葉になっている。
それでも花をつけているので何とか生きているようなのだ。 娘はそれを見て
「知ってる?植物には栄養成長と生殖成長があって寿命が終わる時子孫を残す
ためにありったけ花を咲かせ実をつけようとするんだよ。 だから枝をつめたら
ダメージが多すぎるかなと思う」、と言った。 ちょっと気持ちの芯の部分をひっかく
ようなどきっとする話だ。

今年実をつけて枯れてしまったらどうしよう? 予備の2本目の木は無いし...と
思っていたら何とお隣でも実生(食べた実から再び成長し、つけた実)のグレープ
フルーツの木があって4年目になるという。  裏側にあたるところに植わっている為
見たことが無く知らなかった。 やはりぎっしり成って最初はおいしくなかったが
知り合いがもう終わりの頃の実を欲しいというのでどうぞといって持ち帰って食べた
感想ではおいしいとのこと。 もし使うようでしたらどうぞと言ってくれた。 ありがたく
いただくと答えてある。  うれしいが複雑な気持ちでもある。

ちなみに花の香りはくどい。 みかん(温州)も我が家にはあるが花の形も香りも
ほぼ同じ。 いいにおい、とは言い難い。 好みの問題かもしれないがあっさりした
甘い香りではない。 初めてかいだ時はちょっと期待外れでがっかりした。
 

 

| | コメント (0)

2013年5月22日 (水)

伝統の味?

ある通販商品のポイントがたまってポイントに応じてこれこれがもらえます。 何に
しますか? というので味噌と醤油のセットというのを選んだ。 選ぶ前にちょっと
不安があったがいいや今回はこれにしてみよう、と回答し数日してそれが届いた。
やはり不安は的中。

信州松本 創業百十余年の味噌醤油蔵 ○○醸造 の特別誂え料亭しょうゆ と
あり原材料名を見ると しょうゆ(本醸造)、アミノ酸液、砂糖、アルコール、調味料
(アミノ酸等)、甘味料(甘草) (原料の一部に大豆小麦が含みます) とある。
’創業百十余年’時にこんな材料で作っていたの? 

ここ土浦にも古くからやっている醤油屋さんがある。 土浦からはその昔江戸へ
利根川の水路を使いたくさんのものが運ばれたそうな。  その醤油屋さんの
製品に贈答用に使われる「高級醤油」がある。 これがこの松本の醤油とほぼ同じ 
醤油とは似て非なるものだ。 以前ポラン広場にいた時上司があれは醤油じゃ
ないよ、と言っていた。 その人の新潟の実家は味噌作りの家だ。

阿部司さん(添加物のトップセールスマンから転じて’罪滅ぼし’で無添加の明太子
を作ったり、全国を飛び回って添加物の講演をしている 「食品の裏側」著者)は
ものを作る側は’まごころ基準’を持って欲しい、と訴える。 自分も家族も消費者
であることを忘れないでほしい、と言う。 
とんでもないくず肉を子供の大好物のミートボールに仕上げ、それをわが子が
おいしそうに食べるのを見て翌日辞表を出しセールスマンを辞めた著者。 これ
だけは食べてほしくなかった、とがくぜんとされたそうです。

「信州の豊かな自然  清冽な水と空気と  蔵元のまごころで造りました」とラベル
にはある。  どこが?! けっ!
きれいな包装、しゃれたラベルにだまされてはいけない

| | コメント (0)

2013年5月21日 (火)

ラジオ その2

ラジオは人を映す。  テレビは映像があるからどうしても見えてるものが最優先
でもちろんそのメリットは大きい。 しかしラジオは音だけの世界なので目は解放
されている。 ながら仕事が可能なのがうれしい。

いろんなタイプの番組があるが聴いているのは生の番組がほとんどで不思議と
話し手の人柄が透けて見える。  原稿を読んでいるだけだとそうではないかも
しれないが会話だったり、インタビューだと顕著に表れる。 だからテレビでは
特に感じなかったことをラジオだと強く感じることがある。

スタジオにお客様を招いて話を聞く、というのはラジオではどこでもやっているが
聞き手でこんなにもおもしろくなるかと毎回思う。
土曜日の久米宏と日曜日の安住紳一郎全然違うキャラクターだが毎回大笑い
して聴いている。 久米さんの好奇心と豊富な知識で食い込んでいくやりとり。
終了後大抵「今日は本当に楽しかった」と感想を書かれる方がほとんどだ。
だから聴いてる側も大変楽しい。 毎回アクロバットサーカスを見ているみたいな
気分になる。
一方安住アナは時に皮肉に、時に意地悪く聞く。

この前に書いた「読み語り」 大人になると本を読んでもらうという体験はほとんど
無い。 ラジオドラマというのもあるがこれとは全く違ったもので電波を通して
読んでくれる。 ページをめくる楽しみとはまた違った趣で耳に心地よい。

情報が早いのもうれしい。 いろんなジャンルの情報はいつも耳から得ているが
映像が無い分悲惨な事故などなまなましい場面を見ずに済むのは私には却って
メリットだと思っている。
話題の人、スポーツ 知っているのにどんな姿か見たことないということが多く、
ずーっと後にああこの人!と確認するのは間が抜けていておかしいが困るとは
感じていない。 世の中の基準からすると遅れてると言われかねないけれど。

ついでにもうひとつ 深夜に多い若手のしゃべり番組。 あれが話芸? よく知られて
いるお笑い芸人のようだが日常の内輪の話がずっと続く。 あれを聴いている若者は
あれで金が稼げるなら自分も、と思いそう。 番組に採用される前に有名になって
いないといけないというハードルはあるものの 番組を作る側、出る側 双方とも
あれでいいと思っているんだろうか? 視聴者をなめている。 

| | コメント (0)

2013年5月19日 (日)

ラジオ

ほとんど毎日ラジオを友に生活している。
昔はFMを聴いていた。 今は家にいる時はAMばかり聴いている。
大分前は文化放送を聴いていたがある番組が終了してからはずっとTBSに
落ち着いている。 朝は’聴く朝刊’森本毅朗さんのスタンバイ、夕方は’聴く夕刊’
荒川強啓デイキャッチ。  それに曜日で聴きたい放送を逃さないように録音
して聴く。 夜中の番組もあるからだ。
その中で土曜日夕方6時からの竹下景子が案内する「読み語り」の番組
司馬遼太郎短編集がある。 読み手は話によって変わる。 今「人斬り以蔵」
が7回目を終えた。 短編集は時代物ばかりで歴史にうとい私は物語を楽しんで
聴いている。
ただ今回の「以蔵」は思わず仕込んでいる(ジャム)手を止めてしまう。
実在の人物とはいえ資料に肉付けし、作品として仕上げてあるのでこれは’司馬
遼太郎の’「以蔵」で必ずしも史実と一致しない。
当時の激しい身分制度故に鬱屈した気持ちが’人斬り’に向かっていった。 と
いうのだがそれにしてもその人斬りの描写がすさまじい。 同士がうまくいかな
かったのを以蔵が再度斬るその場面 切られた骨の断面の滑らかさ 以蔵の腕
を物語るそれは私の頭の中に凄惨に拡がる。 そして一度人を殺した快感が
忘れられずそれを繰り返すと綴る。 人を殺す快感って...
来週は8回目最終回。 以蔵のことを調べてみたので結末は予測出来る。
彼が’犬のように’ついてきた武市半平太 彼の残っている写真を見る。 どうにも
生理的に受け付けない顔だ。 以蔵を犬のように扱い続け、身を守るため簡単に
葬り去ろうととし、結果自分の命を終わらせることになる。 
以蔵はさらし首に、武市は切腹。 ウィキペディアは「武市の切腹は見事なもの
だった」 という。
今の時代はそういう時代を経てのものなんだと大きくため息をつく。
 

| | コメント (0)

2013年5月16日 (木)

雑草

もうだいぶ前から庭が草でいっぱいだ。
早く草取りをしなくてはと思いながらずるずると徒に日が過ぎて行く。
せまい庭とはいってもきれいにするには1日がかりになる。
自宅が終わっても借りている家のまわりがやっぱり草だらけで気になる。
いつも終わらせた後はくたくた。 翌日は手首が痛い。
草は鎌を使わず抜く。 抜いた草は積み重ねて小さな山にして自然に枯らし
土に戻す。
今年は’くっつき虫’(実が衣服にくっつく草)が王様。 毎年王様の顔ぶれが
変わる。 以前ポラン広場に勤務していたころ指導の京大の先生がいらして
話を聞いたことがある。 なぜ昨年あんなにはびこっていた草が今年は少なく
なって別の草が勢いがよくなるのか。 先生の答えは、今生えている植物に
とってその環境が適しているからだという。
抜いた草をごみで出さず土に返す、という行為が土の何かを変えているの
だろうか?
八郷で有機農業をしているふたば自給農園の有里さんは残った野菜は畑に
戻すと言っていた。
庭は畑ではないが何となく土が豊かになる気がしてやっている。 庭木もあるし。
犬の散歩で歩いているとうちの庭に今年はびこっているあのくっつき虫が何と!
あっちでもこっちでも多く目につく。 去年はそんなことはなかった。 とすると
単に全体の環境が変わったせい?
どっちにしても草取りやらなくっちゃ! Oh, Heeeeelp!!!
 


 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

感謝 051213

5月のまめいちを終えて先ほど帰宅した。
前日の雨は予報通り明け方までで朝から快晴。 気温もぐんぐん上がりこれも
予報通り。 風も心地よいくらいの吹き方で快適でした。
しかしお昼すぎから冷っとする風が吹き始め気温が徐々に下がり始め、あれっ!
また寒くなるの? 困ったな、という感じ  今年はいつまでも寒さから抜け出ない。

先月はつくいちが悪天候のため中止になって用意したジャムが在庫となるはめに!
急きょ小池さんにお願いしてまめいちへの出店を受け入れていただいた。

まめいちの後ポステンさんにお店のお客様に合いそうなものを選んでいただいて
何点かお買い上げいただいた。
また同じくつくいちの出店者のコーヒーファクトリーさんとスガヤコーヒーさんにも
在庫の一部をお店に置かせてもらえないかお願いしてみた。 とてもありがたい
ことに快く受けていただきそのほとんどを販売していただいた。 本当に感謝して
いる。 また近江屋さんからも、うちでよかったら持ってきてと言っていただいた。

まめいち終了後また継続して出店ください、とまで言っていただきお言葉に甘え
今月も参加しました。
ここは本当にアットホームな市で来てくださるお客様も出店者同士も皆知り合いの
ような心地よさ。 のびのび時間を過ごすことが出来ます。
最初つくいちの翌週なので品揃えに不安がありましたが、ホントに”まめ”いちなので
なんとかクリアーしています。

みなさん、お世話になりました。 おかげでひと月無事乗り切れました。
また今後もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年5月11日 (土)

いざ朝市へ!5月'13

以下の朝市に出ています。
朝市、イベント会場では
味見をご用意しております
季節屋では
空き瓶の回収をしています
 1本につき\30をお返ししておりましたが3.11後復興支援の寄付募金箱に
 入れております ふたが無くても、洗ってなくとも結構です。

販売予定のジャムは以下となります(随時更新されます)

つくいち  5/5(日) 9:00~14:00 つくば中央公園

  いちご&薔薇の紅茶
  いちご&ブランデー 
  いちご(砂糖不使用)
  夏みかん
  春みかん
  洋梨
  黒米&ヤーコン、清酒
  落花生&ほうじ茶ミルク
  落花生チョコレート風味
  ふき(白豆をベースにシロップ漬けのふきを加えました)
  さくら(桜の花の入った白豆ベースのジャム)
  ラムレーズン
  小豆&抹茶ミルク(小豆が下で上に抹茶ミルクの2色のジャム)
  ホワイトチョコレート&いちご薔薇の紅茶(チョコが下で上にいちごの2色)

まめいち  5/12(日) 10:00~14:00くらい つくば大角豆草の根治療院前庭

  いちご&薔薇の紅茶
  ルバーブ
  ココナッツ(お米ベースのココナッツ味、さらに黒米が水玉のようで涼しげ)
  チャイミルク
  ラムレーズン
   

 
 
   

| | コメント (0)

空き瓶をありがとう

5日につくいちがあった。
先月は悪天候で初の中止となった。
今月は打って変わって快晴  初夏の陽気で来てくれたお客様も多かった。

「空き瓶回収」は当初から呼びかけているが応えてくれるお客様が多く
感謝している。
始めたばかりの頃は店舗によっては「回収します」と書いてあるのを見て
買うのをやめたお客様もいたと聞いた。
今は違う。 わざわざ瓶だけ届けに寄ってくださる方もいる。
つくいちでも用意した回収のトレイがいっぱいになる。  
それと始めた時はりっつんの小清水さんが1本につき¥30をお返しする
と提案されて、持ってきてくれた方にお金をお渡ししていたが、3.11後
つくいち会場に募金箱が置かれることになり、この¥30を寄付に回す
ことにした。 瓶を受け取るたびに了解を得ていたが皆様快くいいですよ
と言ってくださる。  今回も30本近く返ってきた。
瓶は重い。 でもちゃんと捨てずにためておいて持ってきてくださる。
感謝。 ありがとうございます。
 

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

卵は生き物

昨日はつくいちでした
久々の快晴でやっと初夏を味わう

八郷のたまご屋の田中さんと話す。
初生卵(ひなが初めて産むたまご)は殻が固くゆでても白身に殻がしっかり
くっついてむきにくい。 むきやすくするにはゆでる前に水にしばらく漬けて
おいて”殺して”からゆでるといい、と田中さんが言った。

それを聞いてたまごは生き物なんだ、と気づく
田中さんの卵は有精卵だからなおさらだ
とすると保存のために冷蔵庫にいれているのはたまごからすると
とんでもなく迷惑なことに違いない、と思う

切り身になった肉は生であっても”生きて”はいない。
”生きて”はいても動いたりはしない野菜
たまごも同じように動いたりはしない
だから”生き物”の自覚が希薄だった
とても無機質に扱っていたが”生きている”と思ったとたん何だかなまなましく
感じる。
だからいのちを「いただきます」そして「ごちそうさま」なのだ

| | コメント (0)

2013年5月 6日 (月)

たけのこ

ちょっと前知り合いから筍をいただいた
それも同じ日に2回も!
1回目は八郷の知り合いから連絡があり出かけていって受け取った。
3本あったので帰り道実家に寄って2本もらってもらう。
そうしたら夕方遅く娘が友達と一緒に段ボールに3箱 計17本もの筍を持って
帰ってきた!!
お隣に声をかけると子供さんと知り合いに分けると言って10本位引き受けて
くれてああよかった。 残りは本当は生のまま差し上げたかったが時間も遅く
お天気も悪かったので全部ゆでることにした。 大鍋に2回 いつもなら皮ごと
ゆでるのだが本数も本数なので剥いてゆでることにした。  皮だけで20Lの
ごみ袋がいっぱい。 しかも重い!
翌日ご近所さんに2軒お届け。 旬のものなので喜んでいただけた。

皮をむいてふと思いついて先端の柔らかいところだけ糠漬けにしたらどうだろう
と糠床にいれてみる。  二日ほどして取り出して試食。  ん~ なかなかオツな
味。  数日後納品の際 ekmek さんにその話をしたらそうおいしいそうですね、と
返事が返ってきてあらこれって私のオリジナルじゃないんだ 残念!の巻

ekmekさんは糠漬けが苦手ということで帰り道近くのスガヤコーヒーさんに寄り道
して持って行った糠漬けを差し上げた。
雑談していたら菅谷さんがメンマという単語を口にして、あっこれいただき、と早速
その晩自己流で作ってみる。 ん~ これもなかなかオツな味。
翌日娘のお弁当にいれたら好反応。 八角がほんの一かけだけで中華っぽい味
を演出してくれた。 これは保存もきいて暮らしの実験室さんの豚肉とチャーハン
にしたらほんとにおいしかった。 くいしんぼう日誌でした

| | コメント (0)

季節屋は今 050613

昨日は2か月ぶりのつくいち
やっと初夏を味わえるお天気、風も強くなく久しぶりのつくいち日和でした。

用意出来たジャムも種類だけはいつものように揃ったのですが本数がちょっと
少な目で、それも8割が小瓶。  お客様も他にイベントが多数あると思われれる
のにもかかわらずたくさんお見えになり盛況でした。  おかげさまで完売!
久しぶりに「完売カード」を使いました。

ありがとうございました

来週はまめいちです

| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

季節屋は今 050213

今年の冬は寒くて長かった。 寒さは今も尾を引いている。
おかげで作物にも影響していつもと違う。
いちごもなかなか収量が上がらないようで毎週伺ういちご屋さんでも前回は
いつもの半分しか手に入らなかった。 今週はいつも通りの量だったが今次の
花が咲いているとかでいつもなら連休までで終了なのに6月に収穫になりそう
なんだとか。 ジャム屋としてはありがたいような、’季節屋’としてはちょっと
困るような気分で戸惑っています。

ルバーブがすでに出ていると聞いていつも予約で確保しているところへ電話を
かけてみるとまだちょっと丈が短いけれど収穫できる と聞いて早速予約しました。
材料の仕入れは大体火曜日にしているのでつくいちの後すぐ手に入る。
これはファクトリーさん分とまめいち分に充てるつもり。 初物です!

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »