« 感謝 051213 | トップページ | ラジオ »

2013年5月16日 (木)

雑草

もうだいぶ前から庭が草でいっぱいだ。
早く草取りをしなくてはと思いながらずるずると徒に日が過ぎて行く。
せまい庭とはいってもきれいにするには1日がかりになる。
自宅が終わっても借りている家のまわりがやっぱり草だらけで気になる。
いつも終わらせた後はくたくた。 翌日は手首が痛い。
草は鎌を使わず抜く。 抜いた草は積み重ねて小さな山にして自然に枯らし
土に戻す。
今年は’くっつき虫’(実が衣服にくっつく草)が王様。 毎年王様の顔ぶれが
変わる。 以前ポラン広場に勤務していたころ指導の京大の先生がいらして
話を聞いたことがある。 なぜ昨年あんなにはびこっていた草が今年は少なく
なって別の草が勢いがよくなるのか。 先生の答えは、今生えている植物に
とってその環境が適しているからだという。
抜いた草をごみで出さず土に返す、という行為が土の何かを変えているの
だろうか?
八郷で有機農業をしているふたば自給農園の有里さんは残った野菜は畑に
戻すと言っていた。
庭は畑ではないが何となく土が豊かになる気がしてやっている。 庭木もあるし。
犬の散歩で歩いているとうちの庭に今年はびこっているあのくっつき虫が何と!
あっちでもこっちでも多く目につく。 去年はそんなことはなかった。 とすると
単に全体の環境が変わったせい?
どっちにしても草取りやらなくっちゃ! Oh, Heeeeelp!!!
 


 
 
 

|

« 感謝 051213 | トップページ | ラジオ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。