« ラジオ その2 | トップページ | グレーフルーツの花 »

2013年5月22日 (水)

伝統の味?

ある通販商品のポイントがたまってポイントに応じてこれこれがもらえます。 何に
しますか? というので味噌と醤油のセットというのを選んだ。 選ぶ前にちょっと
不安があったがいいや今回はこれにしてみよう、と回答し数日してそれが届いた。
やはり不安は的中。

信州松本 創業百十余年の味噌醤油蔵 ○○醸造 の特別誂え料亭しょうゆ と
あり原材料名を見ると しょうゆ(本醸造)、アミノ酸液、砂糖、アルコール、調味料
(アミノ酸等)、甘味料(甘草) (原料の一部に大豆小麦が含みます) とある。
’創業百十余年’時にこんな材料で作っていたの? 

ここ土浦にも古くからやっている醤油屋さんがある。 土浦からはその昔江戸へ
利根川の水路を使いたくさんのものが運ばれたそうな。  その醤油屋さんの
製品に贈答用に使われる「高級醤油」がある。 これがこの松本の醤油とほぼ同じ 
醤油とは似て非なるものだ。 以前ポラン広場にいた時上司があれは醤油じゃ
ないよ、と言っていた。 その人の新潟の実家は味噌作りの家だ。

阿部司さん(添加物のトップセールスマンから転じて’罪滅ぼし’で無添加の明太子
を作ったり、全国を飛び回って添加物の講演をしている 「食品の裏側」著者)は
ものを作る側は’まごころ基準’を持って欲しい、と訴える。 自分も家族も消費者
であることを忘れないでほしい、と言う。 
とんでもないくず肉を子供の大好物のミートボールに仕上げ、それをわが子が
おいしそうに食べるのを見て翌日辞表を出しセールスマンを辞めた著者。 これ
だけは食べてほしくなかった、とがくぜんとされたそうです。

「信州の豊かな自然  清冽な水と空気と  蔵元のまごころで造りました」とラベル
にはある。  どこが?! けっ!
きれいな包装、しゃれたラベルにだまされてはいけない

|

« ラジオ その2 | トップページ | グレーフルーツの花 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。