« 自然農  061213 | トップページ | いざ朝市へ!7月'13 »

2013年6月30日 (日)

草取り-2

二回目の草取りをした。 どうしてこうもというぐらい雑草は勢いがいい。 あっと
いうまに庭は緑で覆い尽くされる。 草取りをしていると今回もみみずが出てくる。
前回は何かの幼虫がたくさん根元に付いて出てきた。 これは毎年のこと。
それで毎回思い出すことがある。 まだ小学生くらいの時だったか実家の隣の家
は庭の草が生えるのを異常に嫌っていてすべて抜き取り、さらに何とくぎ抜きまで
使って細かい草を抜いていた。
父は草も生えない庭なんてだめなんだよ、と言っていた。
やがてそのお隣は土がつるつるで水を吸い込まない庭になっていた。 あれには
驚いた。 雑草の根が土を通気性のよい状態に保っていてくれるらしい。 畑だと
よくみみずが出るのはよい畑と言われる。 みみずも上下に動き土をふかふかに
するらしい。 さらにかれらの糞がいい土にしてくれるらしい。
草を抜いてみみずが顔を出すと一瞬うっとなるが見ないようにして次に進む。 
うちの庭もなかなかいい土のようだ。 何でも育つのはそのためかな。 畑は
やらないが当分はがんばるか。

作業も終わりかけたあたりでお隣の方が声をかけてくれた。 小さなかわいい花
をつけた草を庭から引き抜いて持ってきてくれた。 何でもこの草は繁ってくると
他の雑草が生えなくなるというのです。 それはありがたいな、といただいて各所
に植えてみた。 ただ何となく違和感が残る。 よく聞く外来種の生物がもともと
いた日本古来の種を駆逐していつの間にかはびこってしまい悩みの種、というのに
似ていないか? 楽になるのはありがたいし、見たところ愛らしい草なのだが…
少し様子を見てみることにはしたが、どうなのだろうの疑問は消えない。
 

  
 

|

« 自然農  061213 | トップページ | いざ朝市へ!7月'13 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。