« 結城 オーガニック寺マルシェ | トップページ | いざ朝市へ! 9月'13 »

2013年9月 2日 (月)

何もないことを楽しむ

お盆が過ぎてほとんどのおとな達の夏休みは終わった。
9月になって子供たちも夏休みは終わった。
海へ、山へ、また大勢の人が海外に行ったようだ。
総じて日本人はぼーっと何もしないで丸一日過ごすのは苦手だという。
クルーズでまわりは海しかないところで何もしないでいるのは欧米人ばかりだとか。
鄙びた山道ですれ違う人に この上には何があるのですか? と聞かれ、あなたは
何もないと登らないのですか? と聞き返した というエピソードを新聞か何かで
読んだ覚えがある。
確かにどこかへ行く時必ず’何か’目的がある。 何も無いところへは誘いにくい。

私の住む土浦は霞ヶ浦が近くにある。 子供のころからなじんだ湖ではある。 
当たり前のように筑波山と霞ヶ浦は景色の一部で珍しくもなんともない。
ではあるが車に乗るようになって用事で、楽しみで、いろいろ行動の半径が
拡がった。 おかげで今まで知らなかったところを訪ねることが出来るようになった。

ある年初日の出を見よう!と思い立ち霞ヶ浦湖畔にくるまを走らせた。
人っ子一人いない湖畔の道。 整備されていてとても走りやすいがしーんと
静まり返って誰もいない。 ひたひたと聞こえる水の音。 静かな静かな日の出を
見ることが出来た。 ちょうど日が出る頃上空に2機のグライダー?ではないか
モーター付の飛行物体が通り過ぎて行った。 唯一人工的な音(雑音?)
あっという間に消え去った後はまた何も無い世界。
帰り道明けて明るくなった静かな景色をゆっくり走りながら堪能した。 今度は犬を
連れた人に出会ったが一台の車にも出会わない。 ここは夏は夕日もきれいで
最高のスポットです。

今年もまたこの道を楽しんできた。
まだ走っていないが今度は反対側の対岸を湖面に沈む夕日が見たいと思って
そのうち日をみて走ろうと計画している。 これからいい季節のはず。
とにかく何も無い。 目に入るのは静かに動く湖面とそこに遊ぶ水鳥、カーブの
具合で見える筑波山だけ。 心が静まり何ともいえずゆったりした気持ちになる。
何かが無いと行く気がしない、という人にはおすすめできないが

 

|

« 結城 オーガニック寺マルシェ | トップページ | いざ朝市へ! 9月'13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 結城 オーガニック寺マルシェ | トップページ | いざ朝市へ! 9月'13 »