« 塩ジャム | トップページ | いざ朝市へ 11月'13 »

2013年10月30日 (水)

りんごをりんごで煮る

砂糖を使わないジャムを時々作る。
色々なやり方があるが私の一番の煮方はりんごの果汁を濃縮したものを
砂糖の代わりに使って煮る方法。 これでよく人参ジャムを作る。
今回はりんごを煮ることにした。 初めての試み。

りんごはいつもは近くの生産者の長沼りんご園のりんごを使うが今回は青森
から季節になるとまめいち主宰の小池さんのところに訪れる工藤さんのりんご
を使った。 というのはジュースが工藤さんのジュースだから。

りんごは味が濃く、かりっとおいしい。 先日はおまけでいただいた品種はここでは
見ない品種(ハックナイン)だった。 大きな実で黄色い皮、香りがいい甘いりんご
だった。 歯ごたえもいい。 千秋(せんしゅう)も長沼さんでは作っていない。
なつかしい大好きな品種。

今回は紅玉と千秋の二種を合わせてジャムにした。 砂糖が全く入っていないのに
りんご自体が甘い。 そしてジュースも十分な甘さ。 出来上がりはりんごそのもの。
赤い皮も入れて色を移し、濃縮したジュースは琥珀色でジャムはうすい紅茶のような
色に仕上がっている。

いつもイベント会場では試食していただくのが習わし(?)だが、毎回このりんご果汁
で仕上げた砂糖不使用ジャムは完売する。 今回もきっとそうなる、はず。 

|

« 塩ジャム | トップページ | いざ朝市へ 11月'13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 塩ジャム | トップページ | いざ朝市へ 11月'13 »