« 季節屋のジャム | トップページ | 旅 »

2013年11月 8日 (金)

英語 日本語

にっぽん、ジャパン、日の丸
日の丸医療という言葉を聞いた。 世界に挑む日の丸医療

「日本」を表すのに にほん、にっぽんの使い分けもあるが 世界に向けて
何かしらアピールするために前に付けたり、後ろに付けたり おもしろい。
   
   にっぽん ちゃちゃちゃ
   さむらいジャパン
   なでしこジャパン
   

オノマトペ
日本語はオノマトペといわれる擬音/擬態語が豊富と言われる。
絵本に「ぎゅっ」というタイトルの本がある。 原本は英語で「HUG」
近頃はハグということばが市民権を得ているようだ。 抱きしめるという
意味の動詞だがこれを「ぎゅっ」と訳したのはホントにすごい。
確か全ページ動物のお母さんが子供を抱きしめている絵本。 そして
その絵に付けられている言葉は全部 ぎゅっ(HUG)。 日本人なら
だれでもこの音を聞いただけでわかる。

前に書いたことがあるが交換留学で1年間アメリカで高校生活を
送ったことのある友人がいるが、その彼女が手で戸をたたくしぐさを
しながら「knock、knock」と言ったことがある。 英語には「とんとん」
が無いのだ。 hug、も knock も動詞をそのまま代用?している。

先日深夜番組で日本のまんがを海外に紹介する話を聞いた。 翻訳
するのに例えば「しーん」という表現がある場面で英語にはこの言葉に
該当する単語が無い。 このコマの下のすみっこに「silent」 と入れる
という話を聞いてちょっとためいきが出た。 難しい!そして日本語
ばんざい!の気持ちになった。

自分を表す言葉も英語はたった一語 「I」。 日本語はさまざまな言葉が
ある。 先のまんがの翻訳で ドラゴンボールやくれよんしんちゃんで
おら とか おいらとかはせりふの中でふんいきを出すんだそうだ。
やっぱり日本語ばんざい!だ。 

* 上記絵本「ぎゅっ」を図書館にて改めて見ることになり、記憶に誤りがあることが
判明しました。 チンパンジーの子どもがお母さんをさがして、途中出会う動物の
親子に「hug」といいながら最後にやっと出会えたお母さんチンパンジーに「hug」と
言ってぎゅっと抱きしめてもらう、というものでした。 あやうい記憶! 11/16 記 

 

|

« 季節屋のジャム | トップページ | 旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節屋のジャム | トップページ | 旅 »