« 知恵袋 その4 食器洗いに | トップページ | 知恵袋 その6 腕カバー »

2013年12月 6日 (金)

知恵袋 その5 トイレをきれいに

以前にも書いたが「トイレをきれいに」という名前で柑橘の皮を干したものを
販売したことがある。 

最初に手掛けたグレープフルーツ(我が家に10年目に実をつけたこれが
ジャム屋を始めるきっかけ:「季節屋の原点」参照)の皮を毎日毎日刻んでは
水にさらし、この水をただ捨てるのではなくトイレに流してみたのが始まり。

よく流しなどのそうじにレモンの皮を使うというアイデアが紹介されるのを記憶
していたのでグレープフルーツも同じ効果があるはず、と思った。 レモンに
含まれるオレンジオイルに洗浄効果があるのを利用したものだから。 

果たして何回も流していたグレープフルーツの水 いちいちブラシでこすったりは
しなかったが、ある時気づいたらトイレがきれーいになっていておお!と思った。

これほど効果があるなら一年中使いたい、と使わず捨てていた皮を刻んで乾燥。
保存してみかんの季節が過ぎても使っている。 効果は同じ。 要はオレンジ
オイルがあればいいので。 細かく刻んである皮は排泄物とほとんど同じで
そのまま流して何ら問題は無い。

柑橘なら何でもいい。 皮を薄く(出来るだけ薄く、これがコツ)刻んで、しかも
流す時に問題無いようにせいぜい2cm位の長さにカットして天日で干す。
私は100円ショップですだれを購入。 両端を薄い板で挟んで専用の乾燥具
を作ってこの上に干しています。 季節屋の案内はがきに乾燥中のところが
1カット入っています。 (たまたまカメラマンがこの風景にも着目 載せることに)

  「トイレをきれいに」
   夜寝る前、または外出前大さじ1ぱいくらい
   便器に振り入れ、次使用する前にブラシで
   こする。 用を足したらそのまま流す。
   これでいつもトイレはきれい。


* 一年中使うために乾燥させているだけで、季節には生のものを使っても
  もちろんOK。 香りがいいのもいい

|

« 知恵袋 その4 食器洗いに | トップページ | 知恵袋 その6 腕カバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 知恵袋 その4 食器洗いに | トップページ | 知恵袋 その6 腕カバー »