« ジャム Q&A | トップページ | 知恵袋 その4 食器洗いに »

2013年12月 4日 (水)

「老い」を遠ざける

今朝のゆうゆうワイド(ラジオ)のゲストは77歳の現役の内科医(循環器系が
ご専門だそうだ)石川恭三先生。
ご自身も実行されているいろいろなこと私もやろう!と触発された。

  *運動 前にゲストでいらした時もおっしゃっていたのは朝早い時間に
     たとえばジョギングなどしてはいけない、ということ。 血液がまだ
     起きたばかりでは安定していないそうで早朝は気持ちがいいとは
     いえ控えたほうがいいそうだ。 脳梗塞などは朝が多いとか。
     ゆっくり身体が目覚めてから動かすこと。 
  *日常の中で毎日続けること 
     ・歯を磨きながら 片足立ち
     ・洗面台に手をついて スクワット
     ・深呼吸 脳に酸素を送り込む効果がある
  *読む  まんがなどではなく新聞だったら社説などしっかりしたもの
  *書く  大学ノート1ページくらいの量を鉛筆(ペン)を使って書く
     内容は昨日食べたもの:朝ごはん、昼ごはん、夕飯に何を食べたか
     を思い出しながら

毎日続けること。 脳を刺激すること。 笑うことも忘れずに。 日常の中で
続けられることを。 転倒しないように。 何よりお金がかからないのがいい。


柴田とよさんの詩にこんなのがあると、これは昨日のこの番組で紹介された
もの。 ぐっと心を突かれた思い。

  先生に

  私を おばあちゃんと 呼ばないで
  「今日は何曜日?」  「9+9は幾つ?」
  そんなバカな質問も しないでほしい

  「柴田さん 西条八十の詩は 好きですか?
  小泉内閣を どう思います?」
  こんな質問なら うれしいわ


そう、高齢者を幼児並みに扱うから世の老人ホームは敬遠したいのだ。
身体はどんどん機能が落ちていくのはある程度しかたないが、出来るだけ
人の手を借りずに生きられるようにしたい。 頭も明快でいたい。 母の
ように。

* 上記とよさんの詩はかかっている病院での話と推測されます。
  老人ホームは主題の「老い」につながることでこの詩とは別の
  ことです。 誤解を招く表現で申し訳ありません
  
  

 

 

|

« ジャム Q&A | トップページ | 知恵袋 その4 食器洗いに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャム Q&A | トップページ | 知恵袋 その4 食器洗いに »