« 恋は落ちるもの | トップページ | いざ朝市へ! 2月'14 »

2014年1月31日 (金)

68年間一発の銃弾も放たれたことが無かった

月曜日は鳥越俊太郎氏がコメンテーターでスタジオに来る。 TBS朝の「ゆうゆう
ワイド」のコーナー ニュースの職人のこだわり 

ニュースの職人を自称する鳥越さん、ジャーナリストという呼び名ではぴんとこない
と言う。 他の誰も使っていない「ニュースの職人」としてとにかく現場を大事にする
と言っています。 がんを抱えながらもう若くはない方ですが精力的に活動されて
毎回そのコメントには耳を傾けて聴いています。

ここのところ話題になるのは特定秘密保護法、集団的自衛権
鳥越さんの口から「戦後日本は一発の銃弾も撃っていない。 それがこの法案が
認められれば相手を殺すために引き金を引いてもいい、ということになる」と
解説された。 

1945年8月に終戦を迎え今年は2014年。 この時点で68年の長きに亘り 銃声
が聞かれなかったことは大きい。 なぜに今それを断ち切ろうとするのか私には
理解出来ない。 

|

« 恋は落ちるもの | トップページ | いざ朝市へ! 2月'14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 恋は落ちるもの | トップページ | いざ朝市へ! 2月'14 »