« 初日の出 | トップページ | 湖岸の夕陽 »

2014年1月 2日 (木)

知恵袋 その8 油揚げの口をとじる

結城を訪ねた折 干瓢屋さんを見つけた。 専門店が消えていく中干瓢屋さんとは
珍しい。 そこで無漂白の干瓢があったので一緒に行った小池さんと分けることに
した。 保存は冷蔵庫にと書いてあった通り冷蔵庫に眠っていたのをこのお正月に
やっと使う機会が来た。 言わずと知れた昆布巻きである。

昨年はいざ作る段階であっ忘れたと しかたなく昆布を細く切ってそれで巻くことに。
世にもまれな昆布巻きになった。 今年晴れて干瓢で結んでなかなかの出来に。
巻きながら こういう巻いたり、詰めたりしたものをとじる料理があるなーと思っていた。

時々油揚げに何かを詰めて煮る、というのを作る。 この時楊枝でとめて後で外す
というのが嫌いでスパケティを使う。 これはどこかで聞いてなかなかいいアイデア!
とやっている。 楊枝の長さにスパゲティを折ってとめる。 折れないように慎重に。 
煮あがったらそのまま食べる。 ロールキャベツにもこれは使える。 和風なものより
洋風のほうが見た目には合う。

|

« 初日の出 | トップページ | 湖岸の夕陽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初日の出 | トップページ | 湖岸の夕陽 »