« マーマレードを作る | トップページ | 雪、雪、雪 »

2014年2月 8日 (土)

ジャムを煮る-1 鍋 その1

私の使っているのはステンレスの多層鍋。 利点が多いのでおすすめです。

1.酸に強い  素材を選ばず使えます
2.衝撃に強い  ほうろうやガラスは衝撃に弱く、特にほうろうは細かい傷が
   付きやすく、中の金属が酸に反応してきれいに仕上がらないことがあります。
3.熱伝導がいい  ステンレスのみは熱伝導が良くないようですが多層鍋だと
   アルミなどをはさんで伝導を良くしてあるのでその点は問題ありません。
   出来れば底だけでなく全面が多層になっているものが好ましい。 なぜなら
   まわりについたものが焦げやすいからです。
4.衛生的  たとえ焦げたとしてもきれいに取れて後の手入れが簡単です。 

プロは銅鍋を使うことが多いようですが、ステンレスの方が手入れも楽で価格も
手頃です。
先日「大統領の料理人」という映画を見ました。 エリゼ宮の台所みごとに銅鍋が
ぴかぴかで揃っている様が写っていました。 せりふによれば全部の鍋を1時間半
かけて毎日磨くんだとか!
また「The Big Night」という小さなイタリア料理店を描いたアメリカ映画でもぴかぴか
の銅鍋がずらりと下がっておりました。 見事でした。

|

« マーマレードを作る | トップページ | 雪、雪、雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーマレードを作る | トップページ | 雪、雪、雪 »