« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

トマトのジャム

トマトのジャムはえっ!? と言われるが試食された方の大方は「おいしい」と言って
くださる。 トマトは苦手と言ってた方が買ってくださったこともある。
赤いトマト、青いトマト両方作ったが 青いトマトは生産者と直接話してうまく通じると
手に入るがそうでないと無理なことが多い。 フランスやイタリアでよく食べられている
と聞く。 青いジャムは裏ごしせずカットしたまま仕上げる。 不思議な味。

ちょっとトマトが手に入らなくて昨年も作れなかったが今回ちょうど終わりかけた時期
うまく手に入れることができた。 はじけて割れがきているトマト。 つくいちにうまく
間に合う。 まっかにとろりと出来上がったジャムどうぞ味見にいらして下さい。

| | コメント (0)

2014年7月30日 (水)

言葉で絵を描く

以前TBSラジオの名物番組に「こども電話相談室」というのがあった。 今は衣替え
して「… リアル」という名になって小中生の”リアル”な実生活上のいじめや性の
相談番組に変わってしまった。 それが 今朝 車でNHKにダイヤルを合わせたら、
かつてのこども電話とそっくりな番組を放送していた。

夏休みの小学生が「どうしてカミナリは落ちるの?」などの質問をして、回答者で
ある先生方が質問に応じて担当別に答えていた。 今日のテーマは「科学」。 
番組最後にアナウンサー(TBSでは電話のお姉さんがいたがこちらは男性アナ)
が回答者の先生方に今日の感想を聞いていた。

年配の先生が「テレビだと絵を描いて説明が出来るのですがラジオなのでそれが
出来ない。 ラジオは言葉で絵を描く」とおっしゃった。 名言だなと思った。

今 市の講座で目の不自由な方への「音訳ボランティア」というのに参加している。
まだ始まったばかりでつい先日宿題提出テープというのを録音してきた。
NHK OBでいらっしゃる先生が月一回指導にこられ、その他自主勉強会というのが
月二回。 続いている会が何と30年もになるそうだ。 最初の日扉を開けたら
人がぎっしりいて、ぎょっとした。 それくらい皆継続しているのだ。 通ううちに
その理由がわかった。 日本語の”秘密”がおもしろいのだ。

目の見えない方に届ける音の雑誌。 これは原稿をただ読んでしまうと聞く側
からすると非常に疲れるんだとか。 文字があってそれを見ながら聞いている
私たち目が見える者にとっては何でもないことが耳だけが情報の入り口の人たち
にとって聞き取ろうとすることだけで疲れてしまうのだそうだ。 勉強会の回を重ねる
たびに新鮮でうろこが落ちる。 いつか私も”言葉で絵を描く”ことができたらいいな
と思う。  

| | コメント (0)

2014年7月26日 (土)

お客様

娘の友達が泊りにきた。 前回からさほどたたないうちだったが、歯ブラシをまた
新しいのを出したので私が熱湯で消毒して乾燥させて名前を付けてぶら下げて
おいた。 

今時のツールではなく娘が保育園の時持ち物に名前を付けるのに買ったダイモ
(DYMO)を使って一字一字印字してテープを作る。 持っているのがアルファベット
と数字あと記号が少しのタイプなのでローマ字で印字。
名前は仮に鈴木さん。 SUZUKI 3 と打って下げてあるのを見て、娘が大笑いして
ファイスブックで報告。 笑っていたそうだ。

| | コメント (0)

2014年7月22日 (火)

知恵袋 18 霧吹き

霧吹きはいくつも使っている。
よく「固く絞った」布巾 などという表示がある。 これなどなかなか思った程度の湿り
具合がだせない。 これには霧吹きで解決。 乾いた布にまんべんなくスプレーして
適度に湿せばいい。

私の場合仕事柄ジャムのふたを閉めるときウォッカをスプレーしてから閉める。
これでカビから中身が守れる。 (度の高いホワイトリカーでも良い)
手で直接食品に触れる時もその前に手のひらに吹きかけてからとりかかると安心。

ヒノキの水という商品は飼い猫がよくもどして床を汚した時最後にスプレーして
すっきりさせる。 臭いと汚れが残らない。 

| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

いざ朝市へ! 7月'14

朝市、イベント会場では味見をご用意しております。

季節屋では
空き瓶の回収をしています。
ふたは消耗品と考え傷んでいれば交換し瓶を再使用いたします。
ふたが無くても、洗ってなくてもけっこうです。 ご協力歓迎いたします。
尚空き瓶1本につき¥30お返しておりましたが3.11後は
復興支援の募金箱にいれております。 ご了承ください。

ジャムのふたが開きにくくたたいたりしてきずをつけてしまうことがないよう
開け方のご案内をしております。 記事「
ジャムQ&A」をご参照ください。

メニュー (随時更新されます)

つくいち 7月6日(日) 09:00~14:00  つくば市中央公園

  いちご
  砂糖不使用いちご
  ルバーブ
  ルバーブ&いちご
  ばら
  梅
  梅シロップ
  びわコンポート
  レモンシロップ
  ごぼうのミルクジャム
  ブルーベリー

まめいち 7月12日(土) 16:00~19:00くらい 
                    つくば大角豆 草の根はりきゅう院
 *企画:虫よけスプレーをつくろう   ** 今回は夕市になります
                            夏の夕涼みをお楽しみください
                            さらに! 土曜日なのもご注意

 ***季節屋バー 開きます(Soda FountainとCocktail Bar) 
    梅シロップをメインに使ったドリンク類
     炭酸割り、クラッシュアイスなどで

  ブルーベリー
  レモン&ブルーベリー
  梅シロップ
  レモンシロップ
   


  


つくば草の根治療院でのりんご販売に出店

  
 
  7月 予定はありません(代わりに平日まめいちがあります)

  
 
平日まめいち
  7月24日(木) 15:00~17:00 くらい  
**中止になりました(7/20)
   ミニ季節屋BAR: 
    フレッシュレモンスカッシュ
    レモン/梅シロップ桃のソーダ割り
   ブルーベリー
   レモン&ブルーベリー
   赤紫蘇レモン



筑波ハム 直売所 陣屋での店頭販売(悪天候の場合は店内のことも)

 ① 7月2日(水) 10:00~午後
  いちご
  ルバーブ
  梅
  梅シロップ
  レモンシロップ

 ② 7月16日(水) 10:00~午後
  ブルーベリー
  レモン&ブルーベリー
  レモンシロップ
  梅シロップ

 ③7月24日(木) 13:00~17:00くらい
  スカッシュ
(持ち帰り可)
   梅、レモン、桃、フレッシュレモン   
  ブルーベリー
  レモン&ブルーベリー
  赤紫蘇レモン
  シロップ
   梅、レモン、桃




筑波ハム 陣屋市 

 7月5日(土) 10:00~15:00くらい
  

  いちご
  砂糖不使用いちご
  ルバーブ
  ルバーブ&いちご
  ばら
  梅
 
  
  レモンシロップ
  

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

赤じそ

自然農の どまんなか野菜の本橋さんから梅干し用に赤じそを予約していたのが
先日手に入った。 葉を外して洗っていたが葉と葉の間に小さい葉がついている。
これだけ別にしてためてみると結構な量。 しそジュースを作る要領でレモンジャム
に入れて発色させて「赤じそレモン」を作った。

本橋さんのしそは塩もみしてあくを出そうともんでもほとんどあくが無い! 大抵指先
が真っ黒になるがそれが無い。 改めて自然農の素晴らしさに感動。

レモンの酸でどれくらい色が出るのかと思ったが本当にきれいな赤い色で煮詰めて
出来上がったジャムも透明できれいなまま。 追加でまた買おう。

| | コメント (0)

シロップに新フレーバー: 桃

少し前桃が手に入った時普通にジャムにしたが何だか缶詰の桃みたいでつまらない。
味見したお客様も「あっ 桃だ」と言うだけ。 価格の割に喜びが少ない。

ブルーベリーの長沼さんで桃を出し始めた。 今年初めて(もしかしたら昨年も少々
あったかもしれない)収穫されたようだ。 良品とキズものとあるので、もちろん
加工にはキズものでいい。 まずは試しに1個買って食べてみた。 甘い! 桃だ!

まずはジャムを考える。 目新しい何か。 全然思い浮かばない。 他の何かとの
組み合わせも思い浮かばない。 そうこうするうち数日経過。 あっと思いついたのは
シロップ。 梅、レモンを出しているが梅はもう残りわずか。 それに続いて桃はどうだ?
うーん よさそう。 心配だったのはもう終了していたら… だったが杞憂でした。

まずは平日まめいちでデビューします。 どうぞ味見にいらしてください。

| | コメント (0)

2014年7月10日 (木)

レモン&ブルーベリー

レモンのジャムを作った鍋を続けてブルーベリーを煮るのに使った。 わざと洗わず
作ったがへらを置く容器に先のレモンジャムのしずくがたまっていた中に次のブルー
ベリーのしずくが混じっていたのを味見してみた。 おいしい! ジャムを煮るのに
使うレモンではなく2つジャムが合わさった新しい味。 とてもさわやか。

早速土曜日(7/12)のまめいちに出します。 「レモン&ブルーベリー」味見して
みてください。 季節屋BAR もありますよ!

| | コメント (0)

うれしかったこと

日曜日のつくいち久しぶりの晴天でたくさんのお客様でにぎわいました。

FM らじおつくばの方が瓶を持って来店されました。 曰く「瓶を回収しているんだって
と言ったらみんな知ってて、そうだよ と言われました」とのこと。 これは嬉しかった
です。 ずいぶん浸透してきてつくいちに来たら瓶を忘れず持参、各テントをまわる
時にそっと置いてくださる方もいて気づかないこともしばしば。 ありがとうございます
と言えないことが多い。 申し訳ありません。 もしこれを読んでくださっていたらお礼
を伝えたいと思います。 瓶の本数 X 30円をつくいち募金箱に入れておりますが
20本を超えることもしばしば。 ちりも積もれば…の気持ちでささやかに実行出来て
おります。

3歳くらいの男の子を連れていらしていただいたお父さん、いちごの瓶を手に「この
いちごがいい、と言うもんで」 とお買い上げいただきました。 これは嬉しい! 
いちごは終了してしまったので次回また気に入ってもらえる何かが出来るといいな。

| | コメント (0)

2014年7月 1日 (火)

レモンチェッロその後

以前仕込んだレモンチェッロ数日で皮を取り出して味見してみると、予想通り渋い!
とはいえもったいないのでとりあえず普通はシロップを合わせるらしいが、実の方を
シロップ煮にしておいたのを最初は飲む時に好みで量を加減するつもりでいたが、
これを混ぜ込んでそのまま置いておいた。

梅酒の時期漬けておいたのを瓶にあける作業をしていて、このレモンチェッロを
見てみると混ぜた実に白いつぶつぶが付いて沈殿している。 ん? カビということは
ないはずだが、これは何? 正体はともかく濾してみた。 そして恐る恐るなめて
みた。 びっくり。 あのぴりっとした舌を刺激するものは消え実にまろやかで
おいしくなっている。 香りもすばらしく、爽やかなレモンそのもの。 市販のものは
とんでもなく甘いと聞いていたがちょうど良い甘さ。 自画自賛!

参考にした本にも、お酒に付いていたレシピにも皮を取り出したら出来上がり、
ような書き方で、この渋味には触れていない。 これでは片手落ちではないのか?

白いつぶつぶの正体はどうもこの渋味らしい。 シロップだけだとただの滓となって
沈殿するのかそれは不明。 娘によればこのお酒は不透明のものらしい。 が、私の
作ったのはときれいなレモン色の透明なお酒。 推測するに実を入れず仕上げると
そうなるのかもしれない。 いずれにせよまろやかに仕上げるには月日が必要の
ようだ。 とにもかくにもばんざい。 

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »