« トマトのジャム | トップページ | いざ朝市へ! 8月'14 »

2014年8月 1日 (金)

ジャムを煮る-4 砂糖②

砂糖について記述したものに補足

季節屋で使っている砂糖はオーガニックのグラニュー糖。 これはつくいちに参加
して出会ったドイツパンの菅原さん(ベッカライ ブロードツァイト)から紹介されて
問屋さんからとってもらっている。

ものの本ではあの砂糖、この砂糖と仕上がりの違いなど書いたものがあるが、
色の違いほど味の違いははっきりしていないと思う。 上白糖とグラニュー糖の
白い砂糖同士って出来上がって較べてもどっちがどっちだ? と感じる。 相当
鈍いねと言われたらゴメンナサイです。

ただ 今使っているこの砂糖 使い続けるほどに「おいしい砂糖」だな、と思う。 
「あじ」がある。 仕上がりがうまくなる(気がする)。 見かけはうっすら茶色味を
おびている。 これが「あじ」の秘密かな、と思う。 三温糖ほどの「くせ」は無い。 
ベッカライさんが勧めたのもわかる。 淡い色の素材だと仕上がりの色が不安
だったが心配するほどでは無い。 今年は梅シロップもこの砂糖で漬けた。 
価格はいつも白ざら糖で作っていたがほとんど変わらない。 この暑い夏かき氷も
炭酸割りも 旨い! 

|

« トマトのジャム | トップページ | いざ朝市へ! 8月'14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トマトのジャム | トップページ | いざ朝市へ! 8月'14 »