« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月29日 (金)

ジムに行くより

娘が言う: 昔の生活スタイルで暮らせばそれが一番身体にいい。
床に茶殻を撒き、ほうきで掃く。 その後雑巾がけ。 この雑巾がけが一番いいん
だとか。 洗濯はしかたないから洗濯機に任せているけど、とのこと。 

つい先日のまめいちでのど真ん中野菜の本橋さん。 ジムなんて行ってないで畑
をやったらいいんですよ、全身 身体使って太っている暇なんかない。

ごもっとも!です

| | コメント (0)

2014年8月25日 (月)

今年のぶどう

ぶどうのジャム昨年までは作っていました。 が、昨年季節も終わりのころ作った
シャインマスカットという品種で作ったコンポートの美味しさは忘れられない!

ぶどうを分けていただいているのが八郷の川田ぶどう園。 珍しい品種に出会える
楽しみがありますが、何より店頭では買えない熟したものが手に入るのが嬉しい。
シャインマスカットは黄色い色をして、いい香り。 この状態ではまず店頭では
手に入らない。 スーパーで見かけるのはきれいな緑色の見るからに硬そうな
でも美しい大粒のマスカット。 黄色くなって香り高いものは出荷出来ないらしい。

もともと皮ごと食べる欧州系のぶどう、コンポートにしてずーっと後になって開けて
食べたところ非常においしかった。 そこで、今年は思い切ってすべてのぶどうを
コンポートにしようと思っております。 すでに巨峰が店頭販売で「おいしい!」と
言っていただけ内心 やった、と思いました。

予定ではシャインマスカット、ネオマスカット、紅伊豆、キャンベル、しろがね…と
続きます。

半割りにして、種と筋をとり、熱いシロップを注いで煮沸。 旬を閉じ込めます。
冷蔵庫で冷やしてデザートとして、ヨーグルトにいれたり、アイスクリームに添え
たり、季節が過ぎても楽しめる一瓶。 どうぞ試食にいらして下さい。

| | コメント (0)

2014年8月19日 (火)

カスタード

あちこちに書いているが我が家の卵は八郷の田中さんの卵なのですが、これは
田中さんが独身の時からやっている物々交換で手に入れているもの。 独身時代は
おかずを一品ということで毎週何か届けていた。 今は田中さんの卵で作る
カスタードクリームを届けている。 たまにジャムのこともある。 ということで毎週の
ように作っているのでコツを伝授したい。 大したことではないが 最低の道具で失敗
なく出来るので それを。

 まず卵を白身と黄身に分ける。
   小さな小鉢の中に穴あきのレンゲを入れ、卵を割る。 黄身だけレンゲから
   小鍋に移す。 白身は蒸す。 冷えたら小さい角切りにしてサラダで食べる。

 黄身は鍋の中の端に置く。 今回は左端とする。 計量機に乗せ目盛を0にする。
 黄身の隣に(鍋のほぼ中央 黄身との間を少しあけて)砂糖を計り入れる。 
 ここでまた計量機の目盛を0にする。
 砂糖の隣に(鍋の中で右端)小麦粉を計り入れる。
 鍋の中で砂糖と粉を木のミニ泡立て器か菜箸3本を使い混ぜる。 
 混ざったところで少し牛乳を注ぎ入れ混ぜていく。 粉は砂糖が混ざっているので
 ダマになることはない。 
 さらにここで黄身も一緒に全体を合わせて均一になったら残りの牛乳を加えて
 鍋を火にかける。 中火より少し弱火で。 ずっとかき混ぜているうちトロミが
 でてくるので焦げ付きに注意しぷつぷついってくるまでまんべんなくかき回し
 ぷつぷつを15秒位続けたら出来上がり。

バターや生クリームはお好みで最後に加えて仕上げる。 容器に移して冷ますか
鍋のまま冷ますか、いずれでも出来立て熱いうちにラップをぴったり表面に張り
付けて冷ます。 何もしないでおくと膜が張ってしまい冷めてから困る。

容量は  卵黄 1個
       砂糖 35g
       小麦粉 10g
       牛乳 1カップ(200cc)

田中さんの好みはコーヒー味のカスタード。 計量カップににコーヒーを20cc
位濃いめにドリップし、牛乳を足して1カップとする。 
     

| | コメント (0)

2014年8月18日 (月)

知恵袋 21 日本酒②

日本酒(知恵袋 10)の実証編

今は夏で さほど皮膚のがさつきは実感できないが使い始めてすぐあの目にしみる
感覚はなくなった。 腫れもしない。 顔はこれだけで快適。

かかとのがさがさは秋風が立つ頃から始まる。 これは不快。 もともと乾燥肌と
半ば諦めていたが、クリームをつけてもまあまあいいかな、くらいの変化だし、
妙に滑る感覚がなじめない。 日本酒とスクアランオイル、それにへちま水を
シュッと一吹き手のひらで合わせてかかとを含め足裏全体に付けた。 これが
びっくりするくらいいい ! すぐなじんで足裏がしっとり、がさつきも数日でなくなった。
よくひび割れて、痛いし ストッキングはひっかかるしすぐ穴があく。 今は皮膚が
柔らかいからそれが無い。 手の指先もがさがさして洗濯したストッキングを
畳んで しまうのが大変だった。 がさがさに細い繊維がひっかかっていつまで
たっても畳めない。 Oh, No ! でした。 

日本酒いいです。 一升瓶 調味料として併用しても安いなー、ありがたいなー。
ちなみにお酒は”米だけで作った”と書いてある紙パック入りを使っております。

| | コメント (0)

2014年8月12日 (火)

知恵袋 20 ゆで卵

ゆで卵の殻をむく時 中のうす皮が剥がれず きれいにむけないことがある。

私は卵をゆでずに”蒸す”。 なぜかこうするといつもきれいにむける。
しかもゆで上がりの冷水で洗うというのもしないで。 あつあつをすぐむいても
冷えても。

長年我が家の卵は八郷の田中さんの卵で他のでは試していないがやってみて
ください。
1、2個だけのゆで卵は小鍋に水を張り小鉢の中に卵を乗せて火にかけて作れる。
おおげさな蒸し器はいらない。

| | コメント (0)

2014年8月 5日 (火)

知恵袋 19 ごはんを腐らせない

もう日本は東南アジア並みの夏が普通になった。 だいたい35度なんて子供の頃は
考えられない気温。 

この暑さでごはんを炊くのも研いでから水に浸けておくのが怖い。 朝の出来上がり
を予約して前の晩セットというのはしたくない。 だから研いですぐ「炊飯」ボタンを
押す。

炊き上がったら「保温」はせずすぐ「切」ボタンで切る。 しゃもじで軽く中身を混ぜ、
蓋はせず巻き簾(海苔巻きを巻く時に使う竹ひごのあれ)をかぶせて蓋の代わりに
して蒸気を抜く。 一枚だけだとご飯の表面がパリパリになるので二枚、無ければ
ざるなどで代用、かぶせておく。

通気性があるのでご飯が蒸れず傷みにくい。 わざわざおひつを用意せずとも
これだけで傷みにくい。 残ったら改めて冷蔵庫にいれて保存すれば無駄が無い。

梅酢をかけてこれをすれば万全。 お試しあれ。

| | コメント (0)

いざ朝市へ! 8月'14

朝市、イベント会場では味見をご用意しております。

季節屋では
空き瓶の回収をしています。
ふたは消耗品と考え傷んでいれば交換し瓶を再使用いたします。
ふたが無くても、洗ってなくてもけっこうです。 ご協力歓迎いたします。
尚空き瓶1本につき¥30お返しておりましたが3.11後は
復興支援の募金箱にいれております。 ご了承ください。

ジャムのふたが開きにくくたたいたりしてきずをつけてしまうことがないよう
開け方のご案内をしております。 記事「
ジャムQ&A」をご参照ください。

メニュー (随時更新されます)

つくいち 8月3日(日) 09:00~14:00  つくば市中央公園

  ブルーベリー
  レモン&ブルーベリー
  レモン
  赤じそレモン
  人参
  トマト

  シロップ
   レモン
   赤じそレモン
   桃


つくば草の根治療院での販売

 Ⅰ まめいち 8月9日(土) 16:00~19:00くらい 
 
                   
 *企画:流しそうめん           ** 今回も
夕市になります
                            夏の夕涼みをお楽しみください
                            さらに! 土曜日なのもご注意

    ***またまた
季節屋バー 開きます 
      スカッシュ
       梅
       レモン
       赤じそレモン
       桃
       フレッシュレモン(無糖)

 
 ジャム
     ブルーベリー
     レモン&ブルーベリー
     レモン
     赤じそレモン
     人参
     トマト


 
リンゴ販売/平日まめいち

 ① 8月26日(火曜日) 10:00~16:00くらい 
      りんご屋さんプルーン販売予定(りんご販売はありません)

   スカッシュ
(お持ち帰り可)
    梅
    レモン
    桃
    フレッシュレモン

   ジャム
    ブルーベリー
    レモン
    人参
    トマト
    フルーツコンポート 巨峰

     



       

  



筑波ハム 直売所 陣屋での店頭販売(悪天候の場合は店内のことも)

 ①
つくば陣屋市 8月2日(土) 10:00~16:00くらい

    スカッシュ
(持ち帰り可)
     梅
     レモン
     赤じそレモン
     桃
     フレッシュレモン(無糖)

    ジャム
     ブルーベリー
     レモン&ブルーベリー
     レモン
     赤じそレモン
     人参
     トマト

 ②8月9日(土) 10:00~15:00くらい

   スカッシュ
(持ち帰り可)
    梅
    レモン
    赤じそレモン
    桃


 
     
    
ジャム
    ブルーベリー
    レモン&ブルーベリー
    レモン
    赤じそレモン
    人参
    トマト
 
③8月17日(日) 10:00~15:00くらい
   

   スカッシュ
(持ち帰り可)
    梅
    レモン
    赤じそレモン
    桃



   
ジャム
    ブルーベリー
    レモン&ブルーベリー
    レモン
    赤じそレモン
    人参
    トマト
    巨峰
 

 

| | コメント (0)

2014年8月 1日 (金)

ジャムを煮る-4 砂糖②

砂糖について記述したものに補足

季節屋で使っている砂糖はオーガニックのグラニュー糖。 これはつくいちに参加
して出会ったドイツパンの菅原さん(ベッカライ ブロードツァイト)から紹介されて
問屋さんからとってもらっている。

ものの本ではあの砂糖、この砂糖と仕上がりの違いなど書いたものがあるが、
色の違いほど味の違いははっきりしていないと思う。 上白糖とグラニュー糖の
白い砂糖同士って出来上がって較べてもどっちがどっちだ? と感じる。 相当
鈍いねと言われたらゴメンナサイです。

ただ 今使っているこの砂糖 使い続けるほどに「おいしい砂糖」だな、と思う。 
「あじ」がある。 仕上がりがうまくなる(気がする)。 見かけはうっすら茶色味を
おびている。 これが「あじ」の秘密かな、と思う。 三温糖ほどの「くせ」は無い。 
ベッカライさんが勧めたのもわかる。 淡い色の素材だと仕上がりの色が不安
だったが心配するほどでは無い。 今年は梅シロップもこの砂糖で漬けた。 
価格はいつも白ざら糖で作っていたがほとんど変わらない。 この暑い夏かき氷も
炭酸割りも 旨い! 

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »