« りんごのシロップ | トップページ | 顔の産毛 »

2014年10月17日 (金)

みぎ、ひだり と東西

木曜日の「たまむすび」(TBSラジオ)でピエール滝さんが なるほどの話をしていた。

みぎ(R)、ひだり(L) がわからなくなったら手を出して親指だけ離して他の指をつけて
みる。 左だけ L のかたちになる。 そこで L は左と確認できる。

東西南北の東は北という漢字を思い浮かべる。 右側(つくり)はカタカナのヒと読める。 
ヒつまりひがし。 北に向かって右側が東というわけ。

時々ん?どっちだ?となったら思い出すといい。 あら必要ない話でしたか? 失礼

|

« りんごのシロップ | トップページ | 顔の産毛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« りんごのシロップ | トップページ | 顔の産毛 »