« いざ朝市へ! 1月'15 | トップページ | チョコレートと小豆 »

2015年1月26日 (月)

作りたていちごジャムとヨーグルト

本日は平日まめいち 青森からの工藤りんご園の販売と併せ数店舗が並んでの
販売。 前回の雨と風、寒い一日とはうって変わっての晴天、気温も高め、風なし、
快適な販売日和でした。 そこで季節屋からの提案で来月のまめいちで以下が
実現されることになりました。

いちごジャムを会場で鍋持ち込みで煮ます!
出来上がった作りたてジャムを筑波ハムのプレーンヨーグルトに添えてグラス売り
します! ¥300にしようと思います。 赤と白できれいですよ。 もちろんおいしい!

ちなみにまめいちは2月8日(日)です。 今回の企画は茨城の郷土食「すみつかれ」
を食すとのこと。 すみつかれとは栃木ではしもつかれと呼ぶようですが近郷けっこう
広く食べられているようで、作り方も私が知っている限りでは大体2通りあるようで、
まず節分のあと初午の日に作るもので、節分で使った炒り豆を使います。
大根と人参を鬼おろし(目の粗い竹で出来たおろし器)でおろし、大豆、油揚げと
煮たもの。 味付けは甘辛に酢を加えたもの。 これが一つ。 
もう一つは大根、人参、油揚げ、大豆、塩鮭の頭を入れ酒粕で味付けしたもの。 
実は私はこの酒粕版は食べたことがありません。 しかもこの「すみつかれ」を初めて
知ったのはおとなも大人37歳くらいの頃。 かなり地域が限られたところでの
食べ物のようです。 なんでも隣近所7件に配り配られ、お互いに食べることで
無病息災がかなうという説もごく最近聞いたという茨城に住みながら縁のなかった
食べ物でもあります。 

ひどくまずいという悪評判もあるようで(鮭の入ったもので聞きました)、煮方も
くたくた煮るという人もあればあっさり短時間で仕上げるというのもあるようで、
幸い私が食べたのはいつもおいしいものを届けてくれる方ので酢を使った
鮭の入らない短時間仕上げのものでしたが、とてもおいしかったです。
作り方を聞いて自分でも作りました。 当日(まめいち)私のも持って行こうと
思います。

|

« いざ朝市へ! 1月'15 | トップページ | チョコレートと小豆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いざ朝市へ! 1月'15 | トップページ | チョコレートと小豆 »