« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月18日 (水)

いざ朝市へ! 2月'15

朝市、イベント会場では味見をご用意しております。

季節屋では
空き瓶の回収をしています。
ふたは消耗品と考え傷んでいれば交換し瓶を再使用いたします。
ふたが無くても、洗ってなくてもけっこうです。 ご協力歓迎いたします。
尚空き瓶1本につき¥30お返しておりましたが3.11後は
復興支援の募金箱にいれております。 ご了承ください。

ジャムのふたが開きにくくたたいたりしてきずをつけてしまうことがないよう
開け方のご案内をしております。 記事「
ジャムQ&A」をご参照ください。

       2月出店予定
                 
                 01(日) つくいち
                 07(土) 陣屋市
                 08(日) まめいち
                 13(金) 平日まめいち
                 24(火) 平日まめいち 


メニュー (随時更新されます)

つくいち 2月01日(日) 09:00~14:00*  つくば市中央公園
                   * 終了時間はその日の諸条件で早くなる時があります

  ジャム
   柑橘ミックス(ママレード)
   
   白いんげん&柿
   
   みかん
   キウィ&りんご
   いちご
   いちごブランデー
   Black2 (小豆 黒胡麻&チョコレート)
   
    





   
 
つくば草の根治療院での販売

 Ⅰ まめいち  2月08日(日) 10:00~14:00くらい

   ホットドリンク 
お持ち帰り可
    
 しょうが
    レモン
    みかん

   出来立ていちごジャム&ヨーグルト 筑波ハム&季節屋ジョイント)

   ジャム
    いちご
    柑橘ミックス




 
 Ⅱ リンゴ販売/平日まめいち

   ①2月13日(金) 10:00~15:00くらい *りんご販売(青森工藤りんご園)
     ホットドリンク 
お持ち帰り可
      新しょうが

     
     ジャム
      いちご
     


      

   ②2月24日(火)  10:00~15:00くらい りんご販売(青森工藤りんご園)

   

         ドリンク ホット(持ち帰り可)
     
 新しょうが

     
ジャム
     いちご
     いちごブランデー
     いちご&みかんピール
     いちご(砂糖不使用:メープルシュガー)
     柑橘ミックス
     りんご(砂糖不使用:りんご濃縮果汁

     八朔&かぼす
      

         
       

筑波ハム 直売所 陣屋での店頭販売(悪天候の場合は店内のことも)

 ①
つくば陣屋市 2月07日(土) 10:00~15:00くらい
      

    ホット ドリンク 
(持ち帰り可)
      
レモン     
     
     新しょうが
     

    ジャム
     柑橘ミックス(ママレード)
     いちご
     Black2 (小豆 黒胡麻&チョコレート)
     

 ② 未定 10:00~15:00くらい


 
       

| | コメント (0)

2015年2月15日 (日)

砂糖不使用ジャム

以前砂糖について書いたが「砂糖を使わないジャム」だけ取り上げて書いてみよう。

数年前ジャム作りをしている方のものを同じ季節屋ブランドで販売したことがある。
”砂糖を使わない”ジャムということで彼女が仕上げたものはみかんを生のりんごを
すりおろして加えて煮たもの。 味をみて私が言ったのは「これはピューレじゃない?」
この言葉にいたく傷ついたらしくどうもそのあと関係がぎくしゃくしてしまった。 苦い
思い出である。 お客様の中には「とても自然でおいしい」 という反応もあった。
私としてはやはりこれはピューレ。 ジャムとは別物。 自然でおいしいという評価は
ピューレとして、ならいい。 

砂糖のかわりとして挙げたものは
 1.りんご果汁を濃縮させたもの
 2.はちみつ
 3.ハニココ(ココナツの花蜜)
 4.メープルシロップ/メープルシュガー
 5.マスコバド糖(フィリピン ネグロス島の黒糖:白い砂糖では無いということで
    砂糖は砂糖なのだが)

この中でもっぱらりんご果汁の濃縮を主に使っている。 青森から来る草の根
治療院での販売でご一緒している工藤りんご園のジュースはアスコルビン酸(酸化
防止剤としての合成ビタミンC) も使っていない絞っただけのジュース。 これを
煮詰めたものは琥珀色のきれいなはちみつのよう。 甘さのほかに酸味があり、
りんごを煮ると絶品(自分で言う!) いちごを煮ると酸のせいで色がくすむ。
先にはちみつかメープルシュガー少々で煮てから仕上げるとある程度くすむのを
防げる。 味は適度に酸味が加わりおいしい。 価格はメープルなどは高いと敬遠
していたがよく比較してみるとはちみつとさして変わらないかもしれない。 それぞれ
持ち味が違うので全部一度に作って並べてみたら壮観だろうな、と夢想してしまう。
そのうちやってみよう。

やはり私の考えるジャムというものはある程度甘くなくてはいけない、と思っている。
それに合格する”砂糖ではないもの”の中ではこのりんご果汁の濃縮したものは
一番好きなものと言える。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

海の向こうからいくさがやってきた

朗読の会の新しい教材は「さとうきび畑」の作詞、作曲をした寺島尚彦氏のこの曲
が誕生した時のことを綴ったエッセー。

勉強会の終了間際に鮫島有美子が歌うこの曲(10分)がかけられた。
歌詞の…海の向こうからいくさがやって来た という部分で涙があふれ、さらに
お父さんを失い、お父さんと呼びたいけれどいない…と その辺はぼやけてもう
止まらない涙に困った。 

前日見た「華氏911」(マイケル ムーアが描くドキュメンタリー映画)であまりに
無意味な戦争で今まで平和だった地が突然戦場になり、流された血は膨大だった
ことを目にし、この沖縄の歌も昨日まで平和だった地が「海の向こうからいくさが
やってきた」おかげで地獄と化したことがダブり、さらにこの数日 ISISに殺された
後藤さん達、ヨルダンのパイロットも残虐な殺され方をしてヨルダンが報復にでた
ニュースの数々… 過去の沖縄に「海の向こうから」やってきたいくさが今度は
日本に来るのではないか、と頭をよぎる。

もう本当に涙があふれて止まらない。

| | コメント (0)

2015年2月 2日 (月)

祈り

後藤健二さんがむざんにも殺された。
人の命を政治の道具にし、目的が達せられないとなると殺してしまう。 

人を殺すって その時どんな心境でするんだろう。 また直後その感触におののく
ということは無いんだろうか。 

ここ数年の間「人を殺してみたかった」という事件もたびたび耳にするようになった。
バーチャルの世界で生の人との接触が少なくなって起こる事件、というふうに感じて
いる。

映画「アメリカンスナイパー」は160余名もの人を狙撃した男を描いた、と聞いた。
町山智弘氏によるとこの主人公は典型的なPTSDをかかえた男の話という。

人を殺すってことはそういうこと。 心に傷を負わないはずはない。 
それなのに… いともたやすく命を奪う。

朝日の「天声人語」にあるように後藤さんの死には祈りしか残されていない。
ただ涙があふれる。

| | コメント (0)

包丁について

ジャム作りの道具は鍋についてしか記していなかった。

この季節になると次々に柑橘類が出てきて皮を刻むことが多くなる。
過去の記事であまりに包丁の切れ味が鈍るのでもう使い捨ての包丁でいい、と
100円の包丁を購入したことを書いた。 これはたまたま「当たり」を引いただけ。
おススメはしない。

1.酸に強いこと
   ステンレスが一番無難。 セラミックという新素材のもの、チタンなどという
   新合金のものもあるようだが、一番ステンレスが手頃。 セラミックのように
   衝撃に弱いのもいただけない

2.刃が薄いこと
   これは単に私の好みなのだろうか? 鯵をさばく出刃包丁 あの刃の厚さで
   魚をさばくのはすごい、と感じる。 骨を切る(叩き切る?)には重みがいる。
   だから、というなら納得がいく。 しかし果実を切るには薄いほうが何かといい。

   夏みかんを4つに割り、皮を手で持ち種のある部分(袋の口)を削り取る。
   種を取りだしたら厚い皮をむく。 次に実の底(袋の下の部分)の皮をうすーく
   包丁でむいてしまう。 あとは手で袋を外し、実だけを鍋にいれる。
   この後皮を刻む。 苦味が取れるように出来るだけ薄く、うすく刻む。

   この作業には刃は薄いほどやり易い。 薄いといっても1ミリの何分の1か
   くらいの差で文字では伝えにくいが…

3.刃先がとがっていること
   上の夏みかんの例だと種を取り出すのに四角い菜切り包丁ではやりにくい。
   私はペティナイフを使っている。 
   刃先ではなくおしりの方もきっちり角がとがっていること。 これは皮に傷みや
   使えないところがある時おしりのほうで取り除くほうが具合がいいから。
   外国製の包丁でおしりが全く使えない形のものがあった。 これにはびっくり
   した。 文化の違いか? なにしろ♪包丁い~っぽん の国だから。

何と言っても包丁は切れ味がよくなくてはいけない。 みかんの皮を何個分刻んだ
ろう? 手首が腱鞘炎になった。 切れ味が悪くなると とたんに手首が痛くなる。
まめに研いでよく切れるようにしておくこと。 これは調理には必須。
どうもスライサーなどで切るより包丁のほうが使い勝手がよくスライサーは出番が
無い。 包丁は素材を選ばず活躍するところがいい。 間違った研ぎ方をしていて
も切れ味が鈍るということを つい最近知った。 正しく研ごう。

* 柑橘の皮を刻むスライサーを検索してこの記事がヒットした方がいらしたようです。
  私の経験ではスライサーはしっかりとした固さがある素材にはいいが少しでも
  柔らかい素材には使い心地が悪い、という結論に達しました。
  たとえばきゅうり、りんご、山芋のようなものにはとても重宝。 でも夏みかんの
  皮はまっすぐの状態が保てません。 ぐにゃりとしてきれいに同じ薄さで切る
  ことが出来ません。 やはりここは切れ味のいい包丁の出番です。 包丁は
  ほぼ万能といっていいカッターです。 胡麻でさえ切り胡麻に簡単にできます!
   

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »