« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

鮮やかいちごジャム

いちごを煮るときの鮮やかに仕上げるこつ今頃になって掴んだ。

いちご生産者から依頼されて次々ジャムに仕上げていったが出来上がりの色に
むらがあって折角店頭に並べるのに、これはマズイという思いをした。

改善策として鍋にいれるいちごの量を一定にするということがあった。 広口鍋、
強火、はすでにやっていることだったから。 
それでもばらつきがある。 しからば、砂糖の量を一定にするというのが次の方法。
これは変に聞こえると思うが、だいたい経験でいちごと砂糖を混ぜていく段階で
”この辺”という感触がある。 そこで煮始め、仕上がる手前で味を見て(大抵)砂糖を
足す。 砂糖を入れすぎると後で修正がきかない。 だから少々少な目にしておいて
仕上げで調整していた。

だがこの「少々少な目」が曲者で「少々」が「少し」、「大分」だったりする。 これが
仕上がりの色に影響していた。 そこで調整(微調整は有りだが)無しで始めから
一定量の砂糖をいれてしまうことにした。 結果これには正直驚いた。 鮮やかな
いちごジャムが仕上がった。

黄金比(あくまで季節屋仕様)は
   砂糖 100g
   いちご 650g

熱源は今現在IHを使っているので始めから仕上げまで200度。
使っている鍋は以前のステンレス多層鍋ではなく焦げ付かないタフコーティング
の少し厚手の鍋。 少しだけ深めにしたフライパン。

一回に煮る量は1200g~1400g。 これは処理するいちごの量で多少変動。
何回か繰り返して煮るので、最後に変に半端な量を煮ることのないようこれくらいは
許容範囲。

すでにいちごも終了間近になって「こつ」もないが、来年は失敗ないようしっかり
記録しておくことにする。 レシピ無しの季節屋が一歩前進?


** このレシピ計算すればわかるが数字だけだと相当低糖度
  依頼のあったいちごやさんによると30%は無いと保存性に不安があるという。
  実際発酵が起こったらしくお客様から「甘くない」と連絡があった、という。
  発酵には菌が砂糖をえさとするので発酵が進むほど甘くなくなる。
  発酵だけならまだしも雑菌が繁殖すれば腐敗ということになり、食中毒を
  招きかねない。 最後の仕上げの煮沸にも不完全な点があったようだ。
  このいちごやさんとの仕事で私の至らぬ点が浮き彫りにされて、その都度
  改良をしてきたが、このお客様からの連絡で今後のジャム製造はストップ
  精算ということになった。 ブログやFBで違和感を覚えた方にはご連絡
  いただくことを呼びかけ、回収することになりました。 私としては再挑戦
  したいところですが、致し方ありません。 いちごやさんの意向に従うことに
  しました。

  尚、今後の季節屋としてのジャムですが甘さは今まで通りを維持したいと
  考えております。 ただ賞味期限との兼ね合いもあり、只今ガラス瓶の
  使用をやめようか、考え中です。 どうしても瓶に入っていればパックの
  容れ物よりは「長持ち」のイメージがあります。 
  今まで勝手にすぐ食べていただいている、と希望的ノーテンキに考えて
  おりました。 ただ開けたら変質してた、ということがあったとしても、恐らく
  何も言っていただけないままそのまま黙って終わらせている方が大半では
  ないかと推測致します。 「何も言われない」=「何も事故は無い」ではない
  ことを肝に銘じたいと思います。 
  ご面倒でも何か感じましたらどうぞご一報ください。 よろしくお願いします。 

| | コメント (0)

2015年4月28日 (火)

平和でない日本

先日聴いていたラジオで伊東四朗さんがポツリと言ったことが耳に残って離れない。
「日本は平和だけれど、最近の事件で言えば平和じゃないね。」

これは連日報じられる凄惨な事件のこと。 穴に埋められた18歳の女性、
刃物が刺さったままの遺体 など あまりにひどい事件が多すぎる。

初めてバラバラにされて発見された遺体のことが報じられたのはいつだったろう。
当時はこんな殺人事件は猟奇事件として大変な騒ぎだった。 ところがだんだん
殺人事件でバラバラにされるなんて珍しいことではなくなった。 繰り返しこんな
ニュースを聞いているうち麻痺していく。 一体日本はどうなっているんだ?という
気分。 まるでこっちが変みたい。 頭がおかしくなる。 心が病んでいるとしか
思えない。

| | コメント (0)

いざ朝市へ! 5月'15

朝市、イベント会場では味見をご用意しております。

季節屋では
空き瓶の回収をしています。
ふたは消耗品と考え傷んでいれば交換し瓶を再使用いたします。
ふたが無くても、洗ってなくてもけっこうです。 ご協力歓迎いたします。
尚空き瓶1本につき¥30お返しておりましたが3.11後は
復興支援の募金箱にいれております。 ご了承ください。

ジャムのふたが開きにくくたたいたりしてきずをつけてしまうことがないよう
開け方のご案内をしております。 記事「
ジャムQ&A」をご参照ください。

       5月出店予定
                 
                 02(土) 陣屋市
                 03(日) つくいち
                 10(日) まめいち
                 26(火) 平日まめいち
                 


メニュー (随時更新されます)

つくいち 5月03日(日) 09:00~14:00*  つくば市中央公園
                 *
 終了時間はその日の諸条件で早くなる時があります


  ジャム
   いちご
   いちご&りんご(ふじ)
   さくら いちご(いちご&さくらの花)
   いちご&みかんピール       
   りんご(王林)ほんのりレモン
   さくら(白いんげんベースにさくらの花)
   木の芽
   にんじん(砂糖不使用)

   
   

 
つくば草の根治療院での販売

 Ⅰ まめいち  5月10日(日) 10:00~14:00くらい

   炭酸ドリンク 
お持ち帰り可
    いちごソーダ
    
   出来立てジャム ヨーグルト(自家製 豆乳入り)添え お持ち帰り可
    
* 今回のジャムはいちご&みかんピールです   
 

   ジャム
    いちご
    いちご&みかんピール
    いちご&りんご
    さくら
    木の芽  
    
   
 
 Ⅱ リンゴ販売/平日まめち

  
 * 今月のりんご販売はありません 来月加工品販売でりんご屋さんが出店予定


  
① 平日まめいち  5月26日(火) 10:00~13:00くらい
   
    炭酸ドリンク お持ち帰り可
     いちごソーダ
     レモン、八朔ミックスソーダ
    いちごミルク 

    ジャム  
     いちご
     いちご&みかんピール
     いちご&りんご
     いちご&たっぷりレモン
     ルバーブ


     



筑波ハム 直売所 陣屋での店頭販売(悪天候の場合は店内のことも)

 
つくば陣屋市 5月02日(土) 10:00~15:00くらい
      

    炭酸ドリンク (持ち帰り可)         
     新しょうが
     八朔&レモン
     

    ジャム      
     いちご
     いちご&りんご
     いちご&みかんピール
     りんご(王林)ほんのりレモン
    

| | コメント (0)

季節屋のジャムはここで買える(メニュー)

こんなジャムがあります
 


jack in the bottle
  
いざ朝市へ!記事参照

ekmek
 
4月末’15で引き揚げることにいたしました
 長い間ありがとうございました 
  

   
coffeefactory
  柑橘ミックス
  いちご

  
つくばベーグル

  店舗移転のためしばらくお休みします   

  
カフェ ポステン
  いちご&りんご


もっくんカフェ

  自家製ジャムを使用のため季節屋ジャムは当分お休みとなります



朝市: 記事「いざ朝市へ!」 参照
 つくいち
 まめいち
 筑波ハム(陣屋)


つくば草の根治療院でのりんご販売  *「いざ朝市へ!」記事に記載
 
  *
りんご販売の無い月の「平日まめいち」もあります 
 


  
  
  


| | コメント (0)

2015年4月23日 (木)

マスキングテープ

この頃マスキングテープといって並んでいるテープの種類の多さにびっくりする。
柄もさまざま。 とても迷う。 幅も色々あって用途に合わせて選べる。 それにしても
本来マスキングテープとはペンキなど塗る時はみ出さないようあらかじめ枠を決めて
下地に貼って、防御する用途のテープ。 だから後で本体を傷めず剥がすことが
出来る粘着の弱いテープだった。 その粘着力の弱いということがうまく転用(?)
されてさまざまな用途に使われ出した(ようだ)。

カラフルでセンスのいい柄。 季節に合わせた柄の展開。 つい目が行ってしまう。
ちょっとした贈り物や封筒に貼るだけでさまになってしまう。 簡単。

頼まれて納品している苺屋さんのジャム。 ついこの間チョコレートの上に詰めた
いちごジャムが2種類(プレーンとラム酒入り)あるのを分けるのにこのマスキング
テープを貼って一目で分かるようにしているのを目にした。 洒落たほそ~い色違い
のテープで蓋とびんの封をしていた。 出来上がりが洒落ていて何だか高級ジャム
に変身! ありがとう!

| | コメント (0)

2015年4月21日 (火)

三歩

「三歩」とはビッグコミックに連載された「岳」という漫画(劇画?)の主人公の名前。
三歩はボランティアの山岳遭難者の救助隊員。 これが泣ける。

絵のタッチもヒューマンな感じも ちばてつやの作風に似ている気がする。 もしかして
師匠? 作者は海外の山での経験が豊富なようで各地でのエピソードも描かれる。
断崖絶壁でぶら下がってロープ一本の支えでのんびりコーヒーを飲んでいる図
なんて見ているこっちは怖くて、こわくて。 三歩は要請があるたび救助に向かうが
毎回過酷な場面。 でもそれも過去の体験から的確な判断で一見ひょうひょうと
こなしているかのよう。 遭難者と三歩の姿に遭難者の人生、三歩自身の人生が
見える。 

今母の通院で近くの接骨院に一緒に行くのだが、その接骨院で昔 さいとうたかおの
「ゴルゴ13」、手塚治虫「ブラックジャック」、「課長 島耕作」(作者名覚えていない)
など行くたび夢中で読んだ。 ここの院長先生が全巻揃えて並べておくので一巻目
から抜けることなく通して制覇。 帰るときには書棚に戻すのが嫌で、嫌で…

院長先生は助手として若い見習いを昼間働いてもらい、夜間資格をとる学校に
通わせ、卒業後しばらく助手をしてもらい、そのあと独立させる、とうやり方で
何人もあちこちで開業、グループを作って来た。 さらに昨今はリハビリの介護
施設も始めた。 今通っている接骨院も昔の接骨院のあった裏手に新しく建てた
ものできれいで明るい。 久しぶりに入った待合室の書棚は一新。 もう新しい漫画 
のラインナップに変わっていた。 院長先生もそこにはいない。

最近の漫画にはうとくなっていたので母を待つ間どれが面白そうかページをめくって
探してみた。 「岳」のページをめくって、あ これだと読み始めた。 待っているのは私
一人だったから誰も見ていないが泣けて、泣けて困った。

私の母の付添い担当は月曜、火曜。 着くとすぐ待ち兼ねて読み始める。 13巻も
あるのに早く次が読みたいよー。

| | コメント (0)

2015年4月19日 (日)

手荒れ

井戸水使用の作業場だったところから引っ越ししてここは市の上水道。
手がガサガサになる。 学校を卒業して東京で就職、アパートに暮らし始めた時を
思い出す。 自宅は井戸水だった。 それがカルキの入った水で全身がひび切れ
状態に。 痛くて、さらに痒いようなピリピリ感が辛かった。 

今は手だけ毎日このカルキ入り水を使う頻度が増えてピリピリ、ガサガサ。
そのうち皮膚も慣れてくるが、カルキというのは刺激が強い。 もともと乾燥肌だが
キツイ。 多分年齢的にもこれはキツイ。  飲む水だけは浄水器を通すが、
浄水器付きのシャワーが欲しくなる。 

| | コメント (0)

2015年4月15日 (水)

久しぶりの川柳

毎週水曜日の時事川柳 久しぶりに大笑いした。

チャンピオンの句は
  診断書 出したし、 そうだ! 京都行こう

ちょっと古いJRのキャンペーン(確かこれは 青春18切符のキャンペーン) 
そうだ!京都行こう がこんなところに出てくるとは!
(勿論これはお騒がせ女性議員の「体調が悪く 議会をお休みします」が実は京都で
ショーパブをはしごしてお楽しみ、のオソマツな1件がネタ)

でももう一句惜しいところで落ちたのが
  30年 イバラギケンと読んでいた  というのがあった。

これはちょうどこの日、茨城県(いばらきけん)の県民の日が今まで30年間4月
13日とされていたが実は14日が正しかった、という事実を九州の塾の先生が
指摘した、というニュースがあったのを受けての句。 
これはよく間違われる。 県民としては耳障り。 だからこの句は大笑いした。

政治をスパッと斬るシャープな句も好きだが あははと笑える句はいいなー。

| | コメント (0)

2015年4月 4日 (土)

コールマン 再び

頼んでいた部品が届いた。 何と受け取ってびっくり! 欲しかったものそのものが
届いた。 レバーを横にひねって水を出したり、止めたりできるあれ。 助かった。

今回のことで気づいたことが一つ。 
まず近頃は「問い合わせはホームページへ wwwドット…」というのがほとんど。
まず電話番号を知らせるのがいつの頃からかこの案内に変わって行き、どんどん
増えていった。 今はほとんど電話番号を聞くことは無い。

さらに、 たとえ電話番号がわかってかけても、 今度はまず「ご用件が○○の
場合は○○番…」と続く。 延々とこのやり取りの後やっと聞きたいところの担当者
と思しき人物と話すことができる。 さらに、またまた内容を聞いた後別の人と
代わったりする。 ふーっ いつになったら用件が済むんだ?

今回コールマンの電話番号にかけてみて(0120のフリーコール)まずオペレーター
がすぐ出た。 珍しい! 生身の人間の声、テープ(古いか?)じゃない。 
そして直接伝えた内容で担当部署につないでくれる。 しかもきちんと用件が
伝わっている。 再度同じことを繰り返すことなく話すことが出来てスピーディー、
無駄が無い。 実に気持ちいい。 思いおこせば昔はいつでもこうだった。 何度も
同じことを話させられてイライラするなんてホント無駄!

久しぶりの満点の応対にスッキリ。 オペレーターって過去の遺物じゃない。
人間こそが即座に細かい判断するのに一番向いているのだ。 もちろんたまには
ミスもあるだろうけど。 何でも人工知能が最高だなんて元は人間の知能を代行
させようと開発した代用品なんだよ。 忘れちゃ困る。 

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »