« 葉とらずりんご | トップページ | 栗 焼き栗風 »

2015年9月30日 (水)

にんにく干しました

にんにく、しょうがは冷蔵庫の中で使えないものになってしまわないように、そして
一年中変わらずいい状態で使いたいとやってみてうまくいったのでやっと画像を
アップします。

14436067238801
にんにくはスライスするとべたべたしてそのままでは網に干せません。 
それでまずオーブンシートの上にスライサーを使ってスライスしたものを
とりあえず「日にあててまず干す」。 片面が乾いたら箸を使って剥がしながら
返し、裏面を干す。 そうするとからから、カチカチに干し上がる。 出来るだけ
一日で干し上げるのが理想だが、翌日もお天気が良ければ2日かけて完成
させる。

生姜は最初からすだれ、ざるの上に干す。 これも出来るだけ一日で完成させる
のがベスト。 スライサーでスライスするより断然包丁でカット。 切り口がきれい。

シリカゲルを入れて瓶で保存。 缶は金属なので避けたほうがいい。
にんにくは乾燥したまま使う。 生姜はさっと水をくぐらせ少し置いたら戻るので
そうやって戻して使う。

ごく最近ラジオで生姜は熱を加えると有効成分が倍になり、干すことでも倍に
なると聞いた。 蒸して干すと数倍に効果が上がるというのでやってみた。
まずスライスして短時間蒸す→干す。 齧ってみたら辛い! これは少ししか
なかったので大事に使おう。

  *にんにくは包丁でスライスするとべたべた成分は刺激的で指先の
   爪の間に入ってきてピリピリします。 スライサーを使うとそれが
   無いのでおすすめです。
   生姜は繊維をうまくカットするにはスライサーだとうまくいかない。
   しっかり堅いものだといいのですが



|

« 葉とらずりんご | トップページ | 栗 焼き栗風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葉とらずりんご | トップページ | 栗 焼き栗風 »