« 今日の出店風景 | トップページ | いざ朝市へ!1’16 »

2015年12月21日 (月)

タイプライター

きら☆クラを聞いていたら「タイプライター」という曲があるのを知った、のはいいが
話題で曲中チンという音は何だろう、という話をしている。 この曲 楽器が奏でる中
タイプを打つ音が入る。 かなりのスピードで何か打っている。 そしてチンという音
が入る。 ですが、おお! すでにタイプライターは死語なんだ、と思った。 
すでにキーボードになって久しい。 

チンという音はタイプライターを使って文字を打っていると紙の端っこに来たら手で
レバーを押して改行する。 その時チンと音がする。 これは英文タイプのことで
和文のは様式が全く異なるのでこれは無い(と記憶しているが違うかな?)

始め(と言っても私が使った頃のはなし)タイプライターの文字は1文字ずつ金属の
棒の先に付いており、たたくと機械の中央でポンと文字を打つ。 手動で打つのだが
あまり速いと何本か棒がからまって止まってしまう。 親指はスペースキー、他の
4本の指はそれぞれ決まった文字を打つわけだが今のキーボードと違って力を
いれないとキーが動いてくれない。 小指は最も力が入らないので AやQは大抵
印字が薄くなる。 やがて電動タイプライターが出現して今まで力を入れて打って
いた、というより叩いていたキーが軽く触って打てるので戸惑ったものだ。 でも
おかげで腱鞘炎からは解放された。 これが今のキーボードに引き継がれる。

番組の中で思わぬ豆知識を仕入れた。 タイプライターを英語で綴ると typewriter
全部上段のキー。 ほーっ おもしろい。


*書いていて気づいた。 今は作成した文章は「紙に直接印字する」のではなく
 プリンターに繋いでプリンターが印刷してくれるんでした。 
 一昔前にワープロがあった。 これはワープロに紙をセットして入力した文章を
 その機械で印刷する、というものだった。 
 それに比べタイプライターというのは直接紙に印字する機械なのです。
 訂正も挿入、削除も大変だった。 一字くらい直すのはなんでもないが直すより
 打ち直しの方が結局は楽、という場合も多かった。 初めて画面で編集するものが
 出現した時何という進歩!と思ったものだ

|

« 今日の出店風景 | トップページ | いざ朝市へ!1’16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の出店風景 | トップページ | いざ朝市へ!1’16 »