« つくいちでお知らせ2件 | トップページ | 枇杷全滅 »

2016年7月11日 (月)

水を大切に

オーストラリアに行っていた娘が私が流しで洗い物をするのを見て、水の使いすぎ
だと言う。 雨水を溜めて生活しているのを経験してから、水は大事という。
暑くなるとシャワーの毎日だったが、それもお風呂を沸かす方が無駄が無いと言う。

お風呂の残り湯は洗濯に使っていたし、最近はトイレにも使うようになっていた。
シャワーで流してしまったらそれが出来ない。 納得。

まめいちの小池さんに教わったがトイレは一回に10Lもの水を使うとか。 それと
水には上下水の他に、こういったお風呂の残り湯のような水は「中水」と呼ぶそうだ。
推測するに新しい水の分け方で従来の上水、下水に対してその中間ということ
なのだろう。 飲めないけれどまだ使える水。

日中家にいればトイレは何度も入る。 おしっこだけなら2Lほど入る小さなバケツ
一杯でいい。 大きい用を足す時と寝る前にはタンクから流すがそれ以外は
残り湯をバケツに汲み 流す。

少し前、定期点検で来たリフォームの業者さんがトイレを新しくしないか、と言った。 
でもうちのトイレを見て「きれいに使ってるんですねー」と言った。
25年はたつので温水便座も無ければシャワートイレでもない。 今時骨董品的
存在の古い型。 でも全く黄ばみは無い。 以前書いた「トイレをきれいに」という
名で使っている柑橘類の皮のおかげ。 洗剤類は全く使っていない。

けちけち水大作戦でもみかんの皮は功を奏している、と思う。 夜寝る前には
皮をぱらり。 朝お通じがあれば流して、その後皮を使ってブラシでこすっておく。
香りもいいし、汚れも落とすし一石二鳥。 当分便器は替えません。
 

|

« つくいちでお知らせ2件 | トップページ | 枇杷全滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つくいちでお知らせ2件 | トップページ | 枇杷全滅 »