2017年5月30日 (火)

残念! お休みします

6月のイベントのうち陣屋市つくいち残念ながらお休みせざるを得なくなりました。

かねてより眼(左)を手術することになっていました。 まだ視力があるのでいいか、
と言われていたのですがそろそろしたほうがいい、となり術後最低3日間は安静に
していないといけないとのことで、う~ん仕方ありません。 諦めて家で臥せって
いることになりました。 

後半のイベントには出店いたします。 予定は
「いざ朝市へ!」をご覧ください。

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

昔のように

つくいちに出店始めの頃メニューはかなり多彩でした。 
ここ数年出店者が減って、特にパン屋さんが出店しなくなってお客様が減ってしまい
ました。 それにつれて私自身も少し元気を失い、メニューも寂しくなっていました。

娘が今 柑橘の山と果敢に取り組んでくれて、柑橘メニューが充実しています。
ジャムのみならずピールも作って、さらにドリンク用にシロップも作ってくれています。
これからソーダ水がおいしくなります。 梅が無くなり ゆずだけになってしまい、時期
を待たなくてはならなかった時 これは強力ラインナップ!

ごぼうや胡麻のキャラメルなど柑橘以外のものが作れて楽しくなってきました。
ふきのとうが”早春”の名前で登場して、次はよもぎとさくらを予定しています。
この1週間ボランティアの仕事が忙しくすこしジャム作りがおろそかになっていました。
やっと解放されてまた季節屋の仕事に集中出来そうです。

今月から「古民家 邑マルシェ」が始まります。 古民家全体でギャラリーとマルシェ
が楽しめる企画です。 通りがタイムスリップしたような景観を楽しめる一角です。
今月のみ第4土曜日ですが、来月から第2土曜日開催を予定しています。
賑わうといいです。 ぜひいらしてください。

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

季節屋の今

いざ朝市へ!の記事更新せずに つくいち が終了してしまいました。
陣屋市も直前に体調をくずし、お休みしてしまいました。
それでもつくいちに来て買っていただいたお客様はたくさんいて感謝、感謝です。

今月はたくさんの種類のジャムを揃えることが出来、持っていく側のこちらも
嬉しかったです。 気持ちが充実していました。 これを食べてもらいたい!という
気持ちであふれていました。

これも我が娘の大いなる協力があったおかげです。 たくさんの柑橘を前にひたすら
傷まないうちに、と大奮闘。 ピールもせっせと作り置きし、その味見用にクッキーを
焼いて用意してくれました。 本人も好きな作業で苦にならない、とは言ってくれては
いるものの、最後のラベル作りから貼って完成させるまで遅くまで付き合ってくれて
感謝の一言です。

さらに、販売に慣れていて対策(戦略)もたて、今まで私がやっていたことは何
だったのか反省の一言です。

この後の展開も一歩進んだ形になりそうです。

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

柿のジャム

念願の柿のジャムがやっと出来た。

ここ数年ずっと宿題になっていた柿、あれこれ試して”きっとこうすれば出来る”が
やっと見えてきて納得のいく結果が出た。

私が”この味”と描いていたのは干し柿の味。 一口食べて「ああ、柿ね」とわかる味。
今まで試して発酵してしまってすっぱくなってしまうことが何度か。 今度こそいい
感じに仕上がった。 ブランデーが効いた大人の味です。 ただし”要冷蔵”という
条件付きで。

まめいちで知り合った柿の生産者から「これ使ってください」と提供していただいた
柿。 差し上げたものも喜んでいただけて嬉しかったです。

本日12月のまめいちで並べました。 次回平日まめいちで、それから来月の
つくいちでも持って行く予定です。 どんな味か味見にいらしてください。

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

ゆずの皮とみかんの果肉のママレード

柚子の砂糖漬けは毎年作る。 さらにそれをざるでざっと濾してゆずシロップを
作るが残った柚子の皮がもったいない。 砂糖でしっかり甘いし、かと言ってそれだけ
食べる/お湯割りで飲むのも限界があっていつも少々持て余していた。 

娘がそれを見て我が家のみかんと一緒にジャムにしてみた。 これはいいアイデア!
とてもおいしい。 という訳で12月のつくいちに出してみた。 ママレードはゆずも
ふくれみかんもあったがこれが一番人気でした。 

みかんは大豊作でこの先もこのゆず&みかんは作る予定です。
さらに、次回の平日まめいちではみかんそのものも販売予定です。

グレープフルーツも採り頃になりました。 こちらもママレード、カード、ミックスジャム
と作る予定です。 そう言えば近所の夏みかんもいい感じで採り頃のようです。

| | コメント (0)

2016年9月 5日 (月)

パソコン入院

パソコンが不調で朝市情報更新が出来ませんでした。 遅ればせながら記事9月分
書きたいと思います。

いざ、朝市へ!9月’16 ご覧ください。

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

枇杷全滅

昨年はいい状態で収穫出来、枇杷のコンポートはとても好評であっという間に
売り切れてしまいました。

今年は、というと沢山花が咲き、実をつけた まではよかったのですが、何と!
全部落ちてしまったのです。 残った数個も色づいていたのにもかかわらず小さい
まま落果してしまいました。 全部です!!

という訳で今年の枇杷のコンポートはありません。 がっかり 悲しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

あれこれ干してみての考察

にんにく
しょうが
椎茸
みかん類の皮

ごく最近の発見になるが、毎年夏みかんやグレープフルーツの皮をジャムで残った
分を刻んで干して、それを主にトイレ掃除に役立ててきた。 のはいいが、毎年
あまりに沢山あるのを多少持て余していた。 すぐ刻んで干せば問題はないが、
ついやりそびれて置いてしまうとかびてしまい、結局ごみになってしまうということが
たびたびあった。 

それと、新しい(今さらですが)発見ですがピールにするとおいしいし、これもジャム
とは別に喜ばれることが分かった。 娘が「これ売れるんじゃない?」と言った一言
がきっかけ。

ピールにならないキズものをトイレ掃除に使うことにした。 それも刻まず、四つ割り
の大きいまま干してみた。 カリカリに干し上がったものをキッチンばさみで細かく
刻んでみると、まあこれがいい香り!

にんにくは以前冷凍にする方法を教えてもらって、これもスライスして干すより
断然いいことが分かった。 

しょうがにしてもみかんの皮にしても、にんにくも皆スライスして干すのは確かに
保存性はいいが大事な「香り」が飛んでしまうという欠点があることが判明。
カットしたところから揮発性の成分が飛んでしまうようだ。
椎茸も刻んだものを売っているが使ったことはないが、推測するにやはり香りの
点では丸ごとには及ばないのではないか?

みかんの皮は中のオイルがしっかり残っていてカットすることで閉じ込められて
いたものが瑞々しくはじける。 これは感動もの。 手間も省けるし、今年の大収穫
の一つです。
しょうがは冷凍、乾燥まだ手探り状態。 ネットで見てヒントを得てみよう。
とにかく楽して、無駄なく使いたい。

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

藍染め布で作り始めました

Kimg00611 Kimg00361_2


伝統的な方法で藍染めをしている工房に出会った。 作品展が呉服屋さんで
あると案内を見て出かけて行ったが文字通り ”見るだけ”。 素晴らしくてみんな
素敵だった。 でも手が出ない。 それがふと思いついて、これだけの製品がある
ならきっと端切れがあるはず、と。 電話をして確かめたら年一度工房でお客様
感謝デー(確かな呼び名は忘れました)があるとのことで、その時端切れも
いろいろ買えるという話。 案内状をいただいて工房のある青梅まで行って来ました。

www.kosoen-tennenai.com 壺草苑 (こそうえん)

製品もディスカウントあり、糸もあれこれ、ボタンなどもあり、さらにお目当ての
端切れも細かいものの袋は¥500から すこし大き目のものを詰めた¥1000、
単品で¥3000など多彩にあって、よーく見比べて選んだ一袋(大き目の詰め合わせ)

Line_p20160314_1325122361_2















工房の実際に染めをしている若い男性の助言で糸も藍染めのものをということで
一番小さい巻きのものを購入。 

せっかくの大きい布は携帯、ボイスレコーダーのカバーに、バッグの中袋に。
そしてまだ薄いオーガンジーは使ってないが残りの小さい端切れのはぎれ。
これでどうしてもアクセサリーを作りたくなった。 写真サイズのためにアップ
出来ないが、小枝と組み合わせたブローチもペンダントもある。 

24日のまめいちに初出品します!

それにしても同じように撮った写真あれこれ皆サイズが違う。 ほんの少し違う
のはわかるが900KBだったり、2.4MBだったり… 全然解せない。 1MB以上
のものはアップ出来ない制限があり、全くもって理解出来ません。 腹が立つー

 

| | コメント (0)

2016年3月 9日 (水)

瓶を変えます

Line_p20160304_1947100811


画像右が新しい瓶 このタイプのみで容量の大小は無く一種類のみになりました。
旧タイプの小(角瓶)と大(丸縦長)も少しの期間混じることがありますがこの
新しい瓶に切り替えられます。 容量はちょうど今までの間を取ったくらいの量と
なります。

サンプルからさんざん悩みましたが角瓶のこのタイプに決めました。
蓋がスクリューではいけない、と小瓶のみはだいぶ前に変えることが出来ましたが
大きい方が同じ瓶ではツイストと呼ばれる蓋が無くサンプルを取り寄せましたが
どれも決めかねて、結局容量を変更した一種類にすることで結論を出しました。
新しい瓶も四角い瓶です。 使いやすさからは丸い形がいいのですがまた四角が
季節屋の顔となりました。 末永くよろしくお願いします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧